いま日本の自動車メーカーが注目する国

自動車産業においては、その時代に柔軟な対応をしていくことによって、コスト面でも競争力の高い車を市場に送り出すことができるように工夫を重ねています。

その中において、日本の自動車メーカーも続々と海外生産を強化しています。

また現地で生産することには輸送の面や税制面など、多くのメリットがあるために、わざわざ設備投資をしてまでも海外での生産に乗り出しています。

その中でもいまひときわ注目を集めている国があります。
それがメキシコです。

ここのところを見ても、1年以内にホンダ、日産、マツダが続々と工場を建設しています。

2018年にはこれまでの自動車生産の倍近くの数がメキシコで生産されると予想されています。

数ある国の中でも、メキシコに各自動車メーカーがこぞって工場を建設しているのは、まったくの偶然なのでしょうか。

けっしてそうではありません。

メキシコには他の国にはない大きな強みがあります。

その中でも、メキシコがアメリカやカナダと結んでいる自由貿易協定が挙げられます。

このような協定のおかげで、メキシコで生産した自動車をアメリカやカナダへ輸送する際には、税制面で大きなメリットがあります。

では、わざわざメキシコで自動車を生産してカナダやアメリカに持って行くくらいなら、アメリカで消費される分に関しては現地生産をしても、それなりの販売台数になるのではないかと考えることもできます。

しかし、労働コストの面に注目すると、人件費に関してはメキシコではアメリカの約4分の1のコストで生産することが可能です。

とはいえ、アメリカへの輸出だけを念頭に置いてメキシコでの生産を続けていることには多少のリスクが伴います。

とくに今後は関税撤廃などの交渉の次第によっては、自動車産業は大きな影響を受ける可能性があります。

そのため、各自動車メーカーではメキシコ国内の市場にも目を向けて、国内での新車販売である程度のシェアを獲得することができるように努めています。

日本の自動車メーカーが海外での生産を強化するということは、自動車メーカーに部品を納入している業者にとっても深刻な問題です。

部品メーカーもこぞって現地生産に踏み切る、あるいは現地への移動を考慮しています。

海外での生産には、コストなどでの計算だけではなく、日本から行くスタッフの安全面や言語の面での課題もあります。

とくにメキシコに関しては治安の面で大きな不安があるために、中小企業にとってはとくに現地での生産には及び腰のところも出ています。

今後の動向は何一つ確かなものはないとはいえ、この10年はメキシコに注目しているメーカーが国内外を問わず多くなっています。

コンパクトカー対決が今年も展開される?

最初に見たときにそれがヴィッツとは思わなかった方も少なくないはずのマイナーチェンジになったのですが、これをマイナーチェンジと呼ぶのだろうかというほどフロントマスクが大きく変化しています。

今回のヴィッツのマイナーチェンジのポイントは、フロントマスクとエンジンです。

見た目に与えるインパクトが大きいのは当然ながらフロントマスクですが、実際に試乗をしてみるとエンジンの違いに気付くことができます。

今回はヴィッツのエンジンにもアイドリングストップ機能が搭載されることによって、カタログの数値では燃費が大幅に向上しています。

ヴィッツのライバル車として位置づけられているフィットは、すでにフルモデルチェンジを経て市場に送り出されています。

最近では燃費性能の面でフィットに先行されていただけに、エンジンの改良によって燃費を向上させることによって同じ土俵に登ることができたと言えます。

しかしながらヴィッツのライバルはフィットだけではなく、同じメーカーから販売されているアクアやプリウスといったハイブリッド車です。

初代のころにはコンパクトカーの販売台数の点で優位に立っていましたが、ここにきてプリウスやアクアに大きく差を付けられています。

内装に関してはマイナーチェンジによってヴィッツの質感も高まったとはいえ、以前より評判のよかったフィットの質感には、好みの問題もあるとは言え大きく差を付けられているのが現状と言えます。

運転席も後部座席も、全体的にゆっくり座れるという印象を持つことができるのはフィットの方だという意見が多く出ています。

これは両方の車を同じ日に試乗してみると体感することができます。

価格に関してもフィットの方に軍配が上がる結果になっていますが、果たしてヴィッツの投入によって市場はどのような判断を下すのでしょうか。

しかしながらすでに3度のリコールをしていることや、不具合の声が上がっていないわけではないフィットは、比較の点ではヴィッツよりも評価されているとはいえ、そのような評価の割には街中で見かける機会が少なくなっています。

モーターショーの存在意義はあるのか?

現実離れしているところにその存在意義を見いだす人もいれば、非現実的であるという理由からあまり魅力を感じない人がいるのもうなずける、そのようなモーターショーが毎年東京や名古屋などで開催されています。

最近では日本のモーターショーではなく、アジアの拠点を上海と位置付けて、中国を重視するメーカーも出てきているとはいえ、まだまだ東京のモーターショーも賑わいを見せています。

だれもが羨むような超高級車や、いまの世の中には出ていない未来の車が出展されるという点で、モーターショーは新車発表会とは性質を異にしています。

今回の東京のモーターショーでは、残念ながら高級車の数が減っているように感じましたが、それでもやはりモーターショーが夢を売る場であることに変わりはないというのが正直な感想です。

モーターショーの歴史を注意深く振りかえっていくと、その年には夢のような車として出展されていたクルマも、それから数年して実際に市道を走ることになっている場合もあります。

そのような観点で見ると、今年のモーターショーに出展されている姿を目にしたときには、「未来にはこんなクルマが走っているのか」と感じたものでも、実際にはあと数年もすれば一般に販売されている可能性も否定できません。

これからは「だれもが乗ってみたくなるような魅力的なクルマ」という観点だけではなく、だれもが驚きを隠せないような環境性能、低燃費を実現させたクルマ、いまでは主流になっていない燃料を使用して走行できるクルマなども、ある意味では夢を売るクルマとして注目されるようになっています。

モーターショーの存在意義を問う声も上がっています。

たしかに各メーカーが未来の車や発売直前の車をPRすることで事が足りてしまうかもしれません。

現実的には運営の面でも非常に厳しい局面に立たされていますので、税金を投入することによって支援して、その結果運営を続けさせようという声も上がっています。

今後の展開は私たち次第ではありませんが、それでも夢を提供してくれる場としてのモーターショーに出かけることによって貢献できるかもしれません。

世界的なセールスを誇っているアウディの魅力とは?

強い車はどのような状況にあっても強いということを実証しているのがドイツの自動車メーカーです。

ドイツ車と聞くとBMWかベンツを思い浮かべるかもしれませんが、いまの時代に本当の意味で強さを発揮しているのはそのどちらでもなく、アウディなのです。

アウディというと日本では少し前の時代のイメージで「御嬢さんが乗る赤い車」というものではなく、いまではさまざまな年齢層の支持を得ている自動車メーカーになっているのです。

このようなアウディ人気は国内市場に限ったものではなく、世界的に見ても素晴らしい販売実績を残しています。

その理由はユーザーが決めるものかもしれませんが、ありとあらゆる人のニーズにこたえるオールマイティーなものづくりというよりも、それぞれのシリーズで対象を明確にすることができる点で成功していると言えます。

しかしそれだけではありません。

世界中で評価されていることの大きな要因は、そのクオリティーの高さにあります。

クオリティーの高さで言うと、ドイツの自動車メーカー全体のレベルが非常に高いのですが、近年においてはその中でもBMWやベンツを抜いてアウディのクオリティーが非常に高いと言われています。

そのクオリティーの高さをベースに、優雅なスタイルに魅かれることもあれば、独特のエンジン音に魅了される人もいます。

安全面での評価においてもA6シリーズは最高評価を受けるなど、まさにユーザーが選ぶべくして選んでいるのがアウディです。

今後もますます日本の街中で優雅に走るアウディを目にする機会が増えてくることが予想されています。

勢いを増すかに思われた韓国車の現在

かつては世界を席巻した日本の家電メーカーも、中国や韓国のメーカーに追いつかれ、そして追い抜かれるという苦い目に遭っていることからして、これからはさまざまな分野において同じような現象が起こるに違いないと考えた人も少なくないと思います。

とくに韓国メーカーの強みはその価格にあります。

同じような品質で信頼のできるブランドとしてのイメージが確立しているのであれば、多くの人は低価格の方に気持ちが向かうに違いありません。

少し前から世界の新車市場に目を向けてみると、かつては日本車が圧倒的優位を保っていた市場において、韓国車のディーラーが軒を連ねて販売台数を増加させているというニュースが入っていました。

とくに顧客からの声としては、トヨタなどの日本車を購入したくても、価格面で考えて韓国車に気が行ってしまうというものでした。

しかも韓国メーカーの評判や国を挙げての支援体制などもあって、このまま長足の進歩を遂げるものかと思われていました。

もちろん日本の市場においては韓国車の人気に火が付くという現象は見られませんでしたが、アメリカなどの先進国においても人気が出ていました。

しかしここにきてアメリカ人が韓国車を敬遠し始めているようです。

急速な成長の裏には隠されている事柄もいろいろとあり、そのことが明るみに出るにしたがって、「やっぱり」という声が上がっているのです。

燃費表示の改ざんなど、今後信頼を回復していくには相当の年月を要するレベルの問題も発覚しています。

これからの時代もやはり信頼によって裏付けされているメーカーに強みがあると言えます。

 

ETCの新たなメリットはマイレージサービスで

いまでは高速道路を利用する機会を持っている車のほとんどに搭載されているETCですが、損の歴史はそれほど古いものではありません。

電子料金収受システムとして大々的に導入が始まったのは、2001年からのことですから比較的その歴史は浅いものです。

自動的にクレジットカード決済になるという利便性が導入のきっかけになったというよりも、おもに料金支払い時における料金所の混雑緩和をその主な目的として導入がスタートしました。

とくに混雑して渋滞を引き起こしている所からの導入となりましたが、導入されてすぐに結果が出たわけではありません。

とりわけ社会的な認知度が高くなるためには時間が必要でしたし、当初は高価だったシステムを購入して自動車に搭載することに価値を見いだすことができるかという点も大きな課題となりました。

徐々に浸透していくにつれて、現金での支払いよりもETCによる決済が多くなってきて、現在ではETCレーンの方が多くなっているインターチェンジや、スマートインターと呼ばれるETCカードによる決済ができる車のみが通過できるところも増えています。

今となっては過去の話題になってしまいましたが、ETC割引は、割引という名の付くサービスの中でも多くの恩恵をもたらすものであったため、ETCを利用しなければ損をするという見解が浸透していきました。

しかしながら、高速道路を1000円で利用できるサービスや、大幅な割引サービスの終了に伴って今後に対する不安の声が上がっています。

そのような中で誕生したのがETCマイレージサービスです。

こちらの方はまだ世間に認知されるには今一歩の段階となっています。

事前にETCマイレージサービスに登録をしておくと、ETCを利用するたびにポイントが加算されて、そのポイントに応じて種々の恩恵を受けることができます。

いまではどのサービスエリアに立ち寄っても事前のマイレージサービス登録を促す宣伝が載っています。

マイレージを貯めることによって、その分の無料通行が可能になりますので、高速道路を頻繁に利用する場合にはお得になるこのようなサービスの利用を是非とも検討したいものです。

マイレージという言葉が使用されていますから、きっと航空会社が発行しているマイレージサービスを思い浮かべる方も少なくないと思います。

同じマイレージという言葉が使用されていても、相互にポイントを移行させることなどはできません。

高速道路で貯めたマイルは、現行のサービスでは高速道路の料金にのみ充当することができます。

ポイントカードなどは面倒でほとんど利用していないという方でも、ETCマイレージには関心を持つことでよりお得な経済活動を楽しむことができるようになります。

自分で納得のいく夏タイヤを選ぶには

最初に車を購入するときには、たいていの場合装着するタイヤは決められています。

オプションでタイヤのメーカーやタイプを選ぶということはまずありません。

もちろんメーカー推奨の、最適なサイズのタイヤが装着されており、最近では低燃費を実現するためにもエコタイヤを標準で履いている場合も少なくありません。

その後、地域によってはウィンターシーズンを迎えるたびに冬用のタイヤに履き替えることになると思いますが、それでもいつかは夏タイヤも消耗していき、タイヤ交換の時期を迎えます。

そのような時期こそ、自分の個性や願いを十分に反映させたタイヤを選ぶための素晴らしい機会なのです。

同じタイヤでも、メーカーが違うとか高いか安いかということだけではなく、目的に応じて実にさまざまなタイヤが販売されていることを知って驚かれるに違いありません。

単純に見るだけでも、スポーツ性能を重視して走りを高めてくれるタイヤなのか、乗り心地をとにかくよいものにするためのタイヤ選びにするかによって大きな違いがあります。

大切なことは、自分が必要としているタイヤの種類をよく知って、そのうえで実際に価格などの面とも合わせて考えながら選択をするという形になります。

基本的には溝の形状とゴムの硬さによって大きく異なってきます。

必要に応じて自分で調べることもできれば、タイヤ専門店の熟練したスタッフのアドバイスを参考にしながらタイヤを選ぶことができます。

それでも、自分の好みのタイヤが総合的に言って最適なタイヤとなるというわけではないかもしれません。

たとえば、セダンタイプの車に乗っている場合と、ミニバンの場合のタイヤ選びでは大きく異なります。

自分の好みを重視しすぎて購入すると、思っていたよりも早く消耗してしまうことや、以前に比べると燃費がかなり悪くなってしまうという結果になりかねません。

結論からすれば、タイヤ選びにはそれなりの広い視野と知識が必要になります。

まず自分自身である程度の目星をつけることもできますが、一度は専門のスタッフの意見も聞いてみることをお勧めします。

ここにきてスープラが復活の兆し

走り屋やゼロヨンなどの全盛期であった80年代から90年代にかけては、好奇心を満たすだけの車が世の中に送り出されていました。

もちろん一般の行動での違法行為は容認されるべきではなく、取締りの効果もあって現在では一般の生活が大いに乱されることはなくなっています。

さらには、若者の車離れが進んでいる中にあって、さらに進んでいるのがスポーツカー離れです。

もちろん、「乗り回してみたいな」と思うような刺激的な車が登場しないということもあります。

売れないから登場しないのか、登場しないからどんどんユーザーが獲得できないのか、その両方の要素も関係しているかもしれませんが、それ以外にも法律の規制や社会が向ける目なども影響して、今後も再びスポーツカーブームが巻き起こる可能性は少ないと言わざるを得ません。

80年代の後半にはセリカから独立したスープラに関心が集まっていました。

初代のスープラは、いわゆるセリカの兄弟車という位置付けでしたが、1993年のフルモデルチェンジによって、高級感の漂うスポーツカーへと変化を遂げました。

大きなヘッドライトと、けっして控えめとは言えない大型リアウイングによって、一目でスープラとわかる斬新なデザインを採用し、走行性能を徹底的に追求したスポーツカーとしては、トヨタをスポーツカーの分野でも際立たせるために大きな貢献をしました。

しかしながら、当時のトヨタにとって大きな壁となって立ちはだかっていたのがニッサンのGT-Rです。

価格帯でいけばGT-Rはワンランク上の車という位置付けになりますが、それでも日本車の中で最速を希望する人たちは迷わずにGT-Rへと走りました。

トヨタはスポーツカーの分野では際立った存在になることができませんでしたが、クラウンで培った技術などをベースに、高級セダンの乗り心地に素晴らしい走行性能を兼ね備えたアリストなどを世の中に送り出すことによって成功しました。

いまではトヨタのスープラは過去の歴史に名を残す車という位置付けになっていますが、ここにきてスープラの後継車が誕生するという話題が出ています。

しかも大胆なことにその名も「スープラ」となるといううわさが出ており、最新の情報からは目が離せません。

バブルの頃の車を懐かしむ

いまの若い方にとっては、シーマという車やセルシオがどのくらいのブームを巻き起こしたのか体感でわかるものではないと思います。

バブルの象徴ともいえる2つの車ですから、バブルを知らない世代にとってはやはり過去のニュースになっているはずです。

シーマもセルシオも、生産終了が決定し、その後シーマは再び新型が発表されたものの、セルシオに関しては新型の発表のニュースは入っていません。

そのどちらに関しても、初代の姿を街で見かけることがほとんどなくなってしまいました。

とくにバブルの絶頂期に販売を開始したシーマは社会現象となり、3ナンバーのセダンが大いに売れる時代となりました。

それまでのセダンの定番であったクラウンも、強力なライバルの出現に対抗するために、急きょ新型でエンジンをV8にするなど、さまざまな方面に影響を与えました。

クラウンよりの上位のモデルであるセルシオ、マジェスタに加えてアリストも投入し、とにかく贅の限りを尽くした500万円前後の価格帯の車が発表されました。

このころには、国内で唯一の市販されているスーパーカーとして名をはせたホンダのNSXも登場しています。

アルミ製のモノコックは若い人だけではなくスーパーカーに憧れを抱いていた中高年の心をとらえることができました。

平成の20年代に入って、新たに投入される車の宣伝文句と言えば環境に対する配慮と低燃費です。

たしかに世の中の流れはそちらの方向に向かっています。

その中で面白いモノづくりのコンセプトに基づいて誕生する車ということになると輸入車に目が行くために、結果として国内では年々輸入車の販売台数が伸びています。

無名ガソリンでガソリン代は節約できる?

消費税の増税や生活費の高騰などを受けて、とにかく節約することのできる分野を見つけて積極的にコストカットを図っていこうと考えている人は少なくないと思います。

そのような方で、通勤や通学に自動車を利用する場合には、1か月のガソリン代は大いに見直す価値のあるものになるはずです。

さてガソリン代の話になると、なるべくガソリンを使用しないようにすることには限界があります。

趣味でドライブをする場合などは除いて、ほとんどの方は必要に迫られて車を運転しているために、これ以上車を使用しなくするということは不可能なはずです。

そこで考えるのはできるだけガソリンを安く買うことです。

ガソリンスタンドは1リットル単位で価格を定めていますから、その単価が安くなれば毎回の給油に対して支払う金額をおさえることができます。

多くのガソリンスタンドや販売会社では、クレジットカードの会員などを対象に通常よりも安くなるサービスなどを設けています。

それ以外にも、いわゆる無名のガソリンスタンドで給油することによって安くしている方もおられます。

無名のガソリンスタンドでの給油にはさまざまな声が上がっています。

なかには、購入時の金額は安いものの、結局はその分だけ燃費が悪いため、経済的な節約効果はほとんど得られないという意見もあります。

基本的には、日本で販売されているガソリンに関しては最低限の品質を維持して販売されるように見届けて管理をする法律が定められています。

それで、安いガソリンは違法なもの、粗悪なものという考え方は正確ではありませんが、各自の判断で賢い経済活動を行なってください。