カーシェアリングやレンタカーの賢い利用について

日本では住んでいる地域によって自動車の保有に関する価値観が異なってきます。 都心では公共の交通機関を利用するだけで事が足りてしまうため、車の運転免許も取得しない若い人が増えています。 その一方で、地方に行くと家族の成員の数だけ車があって、建て売り住宅などでは車の駐車スペースを3から4台分確保しないと売れないほどです。

ここにきて、欧米ではすでに前から普及していたカーシェアリングの概念も誕生し、実際に会員となってサービスを利用している人も増えています。 国内の自動車メーカーにとっては快いニュースではありませんが、必要なものに必要なだけのお金をかける倹約志向の家庭にとっては、ごく普通の流れであるに違いありません。 カーシェアリングによって快適な利用ができるかどうか、自分の希望するときにスムーズに車を使うことができるかどうかは別として、仕組みそのものには大きな魅力があります。

個人で自動車を登録して使用すると、税金や車検などの費用がかかり、しかも保管しておくために駐車場代も必要になります。 しかし、カーシェアリングではそのような部分の負担がなくなります。 普段は公共の交通機関を利用して、たまにはまとめ買いやドライブ目的で車を使いたいという願いとシステムがマッチしています。

日本国内にはさまざまなカーシェアリングの会社があって、住んでいる地域や希望する車種によって最適な会社選びをする必要があります。 まずは入会にあたって資料を精査して、システムそのものが利用価値を持っているかどうか確かめましょう。 それと共に、実際の利用者が抱えている不満などがあるならば見過ごすことはできません。

カーシェアリングと同じくユーザーにとって手が届きやすくなっているのがレンタカーです。 とくにレジャーなどの計画においては、乗車人数によってメンバーを決めなければなりませんが、車を持っている人でも高級ミニバンをレンタルすることによって、8人誘って遊びに行くことができます。 自動車大国のさまざまなサービスに精通して、家計の負担を減らしながら楽しい生活を送ることが何よりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする