市場投入が確実なレヴォーグと夢のNSXに大注目!

お隣の国のモーターショーに東京が負けているなんて言わせない魅力が東京モーターショーにはあります。 とくにわたしたちにとって関心度が高くなるのは、夢のコンセプトカーよりも、国内販売が確実なモデルかもしれませんね。

今年の東京モーターショーで注目したいのは、世界中で熱狂的なファンの注目を集めているスバルが投入する予定のレヴォーグです。 国内向けの新型普通車として、スバルが前面に押し出している安全技術のアイサイトの最新版を搭載する予定のレヴォーグから目が離せません。 今回はスバルユーザーだけではなく、その他のブースからの視線も感じるほどの注目度となっています。

大きさとしては現行のレガシーをイメージするとよいです。 若干の小さい感じはあるとしても、サイズで比べるとほぼ同じです。 スバル車を特徴づけるポイントの一つであるフロントマスクは、レヴォーグにおいても対向車が一目で気づくほど、スバル色が強くなっています。

モデルとしては2リッターと1.6の設定になっていますが、どちらもマフラーが左右2本出しになっており、現行のレガシーと比較するならよりスポーティーになっています。 スバルファンなら迷わず2リッターターボのエンジンを選ぶかもしれませんが、2種類のエンジン設定によってスバル車をそのエクステリアで選ぶユーザーにも評価されるかもしれません。

スポーティーなフォルムと安全システム、さらに低燃費化を実現したわけですから、この車が市場に注目されないはずがありません。 レガシーやフォレスター、インプレッサと共に、レヴォーグが定番ラインナップに加わることが有力視されています。 とはいっても、夢のスーパーカーもモーターショーの目玉となっています。

ホンダのNSXと言えば、いまのお父さん世代で知らない人はいないでしょう。 初代のNSXを街で見かけることがほとんどなくなってしまいましたが、そんな中で今年の東京モーターショーでは新型NSXがお目見えしました。 新型NSXのコンセプト車では、ハイブリッドシステムが搭載されています。 現在では2015年から北米で販売を開始する予定です。

ライバルとして位置付けているのはポルシェで、「ポルシェ911と同じ価格」というテーマのもとに、価格設定は1145万円と噂されています。 しかし、ホンダの担当者によると「ポルシェ911と同じ価格で、フェラーリ458が持つような興奮を提供できる車」としてNSXを開発しているようです。 国内では夢のスーパーカーが日産のGT-Rにとどまっている現状があります。 NSXの市場投入によって、日本車がスーパースポーツカーの分野でも海外から支持される時代の再来が期待されます。

カーシェアリングやレンタカーの賢い利用について

日本では住んでいる地域によって自動車の保有に関する価値観が異なってきます。 都心では公共の交通機関を利用するだけで事が足りてしまうため、車の運転免許も取得しない若い人が増えています。 その一方で、地方に行くと家族の成員の数だけ車があって、建て売り住宅などでは車の駐車スペースを3から4台分確保しないと売れないほどです。

ここにきて、欧米ではすでに前から普及していたカーシェアリングの概念も誕生し、実際に会員となってサービスを利用している人も増えています。 国内の自動車メーカーにとっては快いニュースではありませんが、必要なものに必要なだけのお金をかける倹約志向の家庭にとっては、ごく普通の流れであるに違いありません。 カーシェアリングによって快適な利用ができるかどうか、自分の希望するときにスムーズに車を使うことができるかどうかは別として、仕組みそのものには大きな魅力があります。

個人で自動車を登録して使用すると、税金や車検などの費用がかかり、しかも保管しておくために駐車場代も必要になります。 しかし、カーシェアリングではそのような部分の負担がなくなります。 普段は公共の交通機関を利用して、たまにはまとめ買いやドライブ目的で車を使いたいという願いとシステムがマッチしています。

日本国内にはさまざまなカーシェアリングの会社があって、住んでいる地域や希望する車種によって最適な会社選びをする必要があります。 まずは入会にあたって資料を精査して、システムそのものが利用価値を持っているかどうか確かめましょう。 それと共に、実際の利用者が抱えている不満などがあるならば見過ごすことはできません。

カーシェアリングと同じくユーザーにとって手が届きやすくなっているのがレンタカーです。 とくにレジャーなどの計画においては、乗車人数によってメンバーを決めなければなりませんが、車を持っている人でも高級ミニバンをレンタルすることによって、8人誘って遊びに行くことができます。 自動車大国のさまざまなサービスに精通して、家計の負担を減らしながら楽しい生活を送ることが何よりです。

初めての海外勢受賞で日本に危機到来?

今年の日本カーオブザイヤーのニュースを聞いて驚いた方も少なくないと思います。 これまで輸入車が大賞を受賞することがなかったため、そもそも外国の車が選考の対象になること自体を知らなかった人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、今年の場合は大賞候補の10台中、5台が輸入車という結果でした。 なんともうれしいような悲しいというニュースでした。 しかし、ここにきて海外勢もこぞって日本の市場で評価されるクルマ作りを進めており、今後ますます新型が投入されるにあたって、新車販売台数にも大きな影響を与えることは必至です。

とくに今回大賞を受賞したフォルクスワーゲンの車は、燃費だけに注目すると国産車にはかなわないものの、ハンドリングや乗り心地の面からすると群を抜いているという評価を受けています。 少し前まで、ゴルフやポロはおしゃれ感覚で購入する車というイメージが先行していました。 しかしここにきてその実力とデザインの才色兼備状態では、国産メーカーも安泰ではありません。

いまフォルクスワーゲンは大いに盛り上がっています。 今回「ポロ」に環境への配慮とスポーツ性を与えた新タイプ「ブルーGT」が追加されました。 歴代のポロの中では燃費が大いに向上し、しかも走りではゴルフGTIの性能を引き継いでいるという、まさにいいところを取った設定になっています。

今回は専用のエクステリアと17インチホイールの設定によって、購入した状態で乗ってもおしゃれでかっこいいモデルとなっています。 価格に関しても300万を切ることがなかったゴルフGTIに比べると50万円以上安く、手頃な価格で楽しむことができるモデルとなっています。

今後はフォルクスワーゲン愛好者以外にも、純粋に車の性能で評価して購入するユーザーが増えるのではないかと予想されています。 最先端のテクノロジーや燃費性能の追求に走っている国産メーカーも、市場が求めているものに対して敏感な反応を示さなければ、海外勢に追いつかれ、そして追い抜かれる日が到来するかもしれません。 ことしの日本カーオブザイヤーを一つの教訓としてとらえることができるはずです。

相続による車の名変

相続人に必要な相続人に必要な書類は除籍謄本改正原戸籍遺産分割協議首相本人の印鑑証明書3ヶ月以内車検の原本です市外なら印鑑証明しようです実印no.ナンバープレート乗ってくる車を出す車に乗ってくる税金の方で証明書を出してもらう時に遺産分割協議小脳州コピーが必要遺産分割協議秘書の必要

低燃費実現におけるエコタイヤの役割

低燃費が流行語大賞にノミネートされないのが不思議なくらい、世間では低燃費に対する関心が高まっています。 各メーカーとも世界最高の数字をたたき出すために日夜競争をしています。

そんな中で、実際に低燃費車を購入すると気づくことですが、期待通りの燃費を実現させ続けるためには、それなりのメンテナンスが求められ、しかも専用のものを使用する必要があります。 ごく身近な例ですと、オイル交換の時にも粘度が異なるものを使用する、タイヤを交換するときにはエコタイヤを使用するなどです。 エコタイヤが燃費の向上に役立つのでしょうか?

エコタイヤは転がり抵抗が低くなっているため、摩擦の抵抗が高いタイヤに比べると燃費が向上します。 実際の測定でも、転がり抵抗によって燃費が向上したというデータがありますが、その分だけ濡れた路面などでの安全性が気になるところです。

しかし、国産メーカーが販売しているエコタイヤは、さまざまな路面においても通常のタイヤに劣ることのない性能を発揮してくれます。 エコタイヤが低燃費を実現するためには、良いコンディションを維持しておかなければなりません。 毎月空気圧をチェックして、適性や空気圧によって走行することが大前提となります。 本当にエコを実現させるためには、日頃の努力が伴わなければならないわけです。