レクサスを購入する人の志向を分析する

いまではあまり見なくなりましたが、トヨタの車の「トヨタエンブレム」を外して、わざわざ「レクサス」のエンブレムを付けて走行している車を目にする機会が多くありました。

しかも、新車で購入すれば高級車として分類されるような車に対してそのようなエンブレム交換が行われているのを目にしたときに、レクサスを購入する人の心理、レクサスがブランドとして確立されて支持されている理由を垣間見ることができたような気がします。

つまり、車はトヨタだが志はレクサスという人がエンブレム交換をするわけです。

もちろんトヨタブランドとして発売されているモデルと、レクサスブランドで発売されているモデルでは、表面的に似通っているところがあっても、内装や走行性能、足回りなど多くの部分が異なってきますので比較の対象にはならないと思います。

それでも、本当に単純に考えてしまうと、レクサスにするだけでかなり値段が上がるように感じて、「ブランド料としてそれだけ支払う価値があるのだろうか」と考えてしまうのです。

ところが、トヨタとレクサスの間の価格差に、価格以上の価値を見いだすためにレクサスが売れているのです。
国内市場でもレクサスの割合が着実に増えています。

高価格帯ながら、販売されるモデルのほとんどが販売予想台数を上回る結果になっています。

これは、バブルの時期に高級車が飛ぶように売れた消費減少と同じなのでしょうか。

じつは、詳しくレクサスを購入する人のマインドを調査すれば、バブルの頃の高級車ブームとは大きな違いがあることに気付かされると思います。

以前であれば、お金を持っているというイメージで見られたい、自尊心を維持するためにという理由で高級車が売れたかもしれませんが、レクサスを購入する場合には純粋に品質に対して価値を見いだすので、たとえ同じようなモデルがトヨタから出ていて割安感があっても見向きもしないということになるのです。

つまり、レクサスに手を伸ばす人ほど実は堅実な人で、良いものを購入できるのであれば対価は支払うという人たちなのです。

トヨタのエンブレムをレクサスに交換する人たちの心理状況からして、一瞬ではあるもののレクサスを購入する人もやはりブランド志向、見栄っ張りのであるかのような錯覚を受けてしまいましたが、じつはその反対でした。

もちろん者を買うのに動機も正当な理由も必要ありませんし、志向はそれぞれ異なります。

しかし、レクサスが品質のいいものを造り続けるかぎり、価格競争に巻き込まれることなく自身の地位を確立し続けることができるに違いありません。

自動車産業の今後の対応に注目

日本のモノづくりも、他の国の政策や人件費の変化によって影響を受けます。

時代の変化や経済状況、為替市場などの変動を巧みに感じ取って臨機応変に対応するという面では、超大型の設備投資を必要とする自動車産業は非常に難しい立場に立たされます。

数年間はこのあたりで生産して、その後状況が変わったら他の国で生産するという具合に工場ごと移動することができるわけではありませんし、雇用の問題もあります。

そのような中で、ここにきてトヨタがオーストラリアでの生産にピリオドを打つという決定をしました。

生産拠点の閉鎖という観点からすれば、トヨタの決定の1年前にはアメリカのGMが同様の決定を下しました。

そうなると、一気に失業が増えて大変なことになってしまうと考えるかもしれませんが、そもそもトヨタとGMの撤退を促進したのはオーストラリアの政府にあります。

もちろんそれだけではなく、近年の輸入車との競争激化や、オーストラリアで生産することに伴う高い人件費などが決定を確かなものにしたようです。

そのような現象は日本にとっても対岸の火事ではありません。

日本の場合も近年、輸入車で低価格帯のものが人気となっており、カーオブザイヤーなどを受賞する車も出てきています。

さらに、以前として高い人件費を支払いながら競争に打ち勝って行かなければなりません。

そんな中で、トヨタの国内生産にも柔軟な対応ができるような仕組みや設備投資が目立ってくるようになりました。

たとえば、セントラル自動車の宮城工場では、大きく変動する生産台数に柔軟な対応ができるような設備投資が行なわれています。

この先の世界経済の行方や自動車産業の構造、需要の変化などを正確に予測するのは不可能です。

だからこそ、自動車メーカーも良いものをつくれば売れるという時代から、その都度状況に応じて機敏かつ柔軟に動ける組織力が求められることになります。

ガソリン車からハイブリッド、電気自動車への推移など、ここにきて消費者も各自動車メーカーの経営方針に注目しています。
躍進していくメーカーと衰退していくメーカーがわかれる時代に突入しつつあります。

高級電気自動車「モデルS」から目が離せない

名前は聞いたことがあるかもしれないテスラ自動車ですが、その歴史は浅く、設立は2003年です。

それもそのはずで、テスラ自動車が手掛けているのは電気自動車です。

電気自動車といっても、日本の各社が手掛けている大衆車とは異なり、テスラの場合は高級電気自動車を開発、そして市場に送り込んでいます。

2008年に販売を開始した「ロードスター」はそのことを鮮明に印象付け、ポルシェの911よりも速く、フェラーリよりも安いなどと評されていました。

ここにきて、テスラは「モデルS」を送り込もうとしています。

すでにアメリカでは販売されており、700万円をくだらない価格設定であるゆえに高級車に分類されながらも好調な売れ行きとなっています。

日本においても2014年の春を目指しており、すでに予約が開始されています。

はっきり言って、加速といい制御といい、電気自動車は面白くないという発言は撤回しなければならないと感じさせる、近未来の新たな自動車の魅力を感じさせてくれる仕上がりになっています。

テスラ自動車が今後の高級電気自動車というジャンルで間違いなく強者になるだけの十分な下地があります。

このわずかな期間に、世界中で名の知れている俳優や有名人をそのファンに仕上げ、広告料を支払っているわけではなくても独りでに宣伝されていきます。
さらにすごいのはテスラに集まってくるスタッフです。

テスラでは採用基準として自動車産業には全く関係のないキャリアを評価して自社に迎え入れています。

その一例として、販売などの面を担うのは、有名なアップルストアを生み出した人材であり、一見自動車産業の販売とは無縁の人物です。

このような異業種の天才たちの英知をあわせたのがロードスターでありモデルSなのです。

今後もこのような異例の集団から繰り出される車には注目が集まっています。

日本のベンチャーの中にも、既存の自動車メーカーとは異なった視点で開発に取り組む集団が現れてくるのでしょうか。

ちなみにトヨタ自動車はテスラと業務と資本提携をしていますが、いまでは余裕のトヨタもやがてテスラに呑まれる時代を予測していないわけではないと思います。

NA、ターボ、そして時々スーパーチャージャー

低燃費が重視される時代にあって、ターボ車にお目にかかる機会が少なくなってきました。

一昔前は面白いクルマと言えばターボ車で、それに対してNA車は中高年のセダンというイメージだったかもしれません。

しかし今ではターボ車に乗っているというとエコではないというレッテルを張られかねません。

それでも最近では低燃費のターボ車の開発などの甲斐があって、両立させることが可能になっています。

ターボ車の魅力は何と言っても小さい排気量の車でも馬力を出すことができる点にあります。
試しに軽自動車でターボ仕様とそうではない車を試乗してみるとよくわかります。

軽自動車の場合は排気量が小さいので、走りを楽しむための車ではないような印象を受けますが、ターボ仕様の場合には驚くほどよく走ります。

当然ながらカタログの数値ではNA車の燃費と比べると劣りますが、近年その差はわずかになっています。

その一方で、以前は排気量の多い車にもターボが搭載されていましたが、ここにきて排気量の多い高級セダンにはNAのほうがふさわしいという見方が一般的になっています。

NAの場合はターボと違ってターボラグがなく、スムーズにエンジン回転が上昇していくため、スムーズな走りを実現させることができます。

また、高回転での走行を楽しむ際にもやはりNAに軍配が上がります。

そのほかにも、最近では日本車に搭載される例が少なくなりましたが、スーパーチャージャーにはそれなりの魅力があります。

こちらは馬力ではなくトルクを重視することになり、売れているモデルでは新型のゴルフに搭載されています。
好みに応じて車を選ぶことができるので、比較の対象にしてみましょう。

再びオープンカーをめぐる戦いが勃発する

気候が暖かくなってくると増えてくるオープンカーですが、真冬でも幌を外して乗っている男性を見かけると評価が二分することになります。

そのような自己流で歩んでいる男性をかっこいいと思うか、あるいは世間と少しずれている異端児と見るかは別として、オープンカーを所有していることは裕福さの象徴であると思われる時があります。

それもそのはずで、フルオープンになる車は2シーターのため、普段の生活の中では困ってしまうことがあり、たいていの場合はセカンドカーとして所有し、週末に乗り回すというケースがほとんどだからです。

経済事情が変化している昨今において、車を2台所有して維持していくことができる家庭はそれほど多くありません。

しかし、オープンカーを一度手にしてオーナーになってしまうと、その爽快感は他の車では決して味わえないために、手放すことが難しくなってしまいます。

あるいは、昔の感覚を再び呼び覚ましたいという希望から、ひそかにオープンカーを購入する計画を練っている人もいると思います。

マツダ車のユーノスロードスターなどは根強い人気を誇っています。価格も手頃ですしね。

 

そのような状況の中で、今年に入って満を持して発売されようとしている軽自動車のオープンカーには市場が大注目しています。

再びホンダ対ダイハツの熾烈な戦いが見られることを期待したいところです。

ハイブリッド対決では、インサイトが優勢だったものの、いまではすっかりプリウスの独占状態で、ついにインサイトも販売終了となってしまいました。

このたびの軽オープンカー対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか。 実際に購入することによって答えを出すことができます。