いま日本の自動車メーカーが注目する国

自動車産業においては、その時代に柔軟な対応をしていくことによって、コスト面でも競争力の高い車を市場に送り出すことができるように工夫を重ねています。

その中において、日本の自動車メーカーも続々と海外生産を強化しています。

また現地で生産することには輸送の面や税制面など、多くのメリットがあるために、わざわざ設備投資をしてまでも海外での生産に乗り出しています。

その中でもいまひときわ注目を集めている国があります。
それがメキシコです。

ここのところを見ても、1年以内にホンダ、日産、マツダが続々と工場を建設しています。

2018年にはこれまでの自動車生産の倍近くの数がメキシコで生産されると予想されています。

数ある国の中でも、メキシコに各自動車メーカーがこぞって工場を建設しているのは、まったくの偶然なのでしょうか。

けっしてそうではありません。

メキシコには他の国にはない大きな強みがあります。

その中でも、メキシコがアメリカやカナダと結んでいる自由貿易協定が挙げられます。

このような協定のおかげで、メキシコで生産した自動車をアメリカやカナダへ輸送する際には、税制面で大きなメリットがあります。

では、わざわざメキシコで自動車を生産してカナダやアメリカに持って行くくらいなら、アメリカで消費される分に関しては現地生産をしても、それなりの販売台数になるのではないかと考えることもできます。

しかし、労働コストの面に注目すると、人件費に関してはメキシコではアメリカの約4分の1のコストで生産することが可能です。

とはいえ、アメリカへの輸出だけを念頭に置いてメキシコでの生産を続けていることには多少のリスクが伴います。

とくに今後は関税撤廃などの交渉の次第によっては、自動車産業は大きな影響を受ける可能性があります。

そのため、各自動車メーカーではメキシコ国内の市場にも目を向けて、国内での新車販売である程度のシェアを獲得することができるように努めています。

日本の自動車メーカーが海外での生産を強化するということは、自動車メーカーに部品を納入している業者にとっても深刻な問題です。

部品メーカーもこぞって現地生産に踏み切る、あるいは現地への移動を考慮しています。

海外での生産には、コストなどでの計算だけではなく、日本から行くスタッフの安全面や言語の面での課題もあります。

とくにメキシコに関しては治安の面で大きな不安があるために、中小企業にとってはとくに現地での生産には及び腰のところも出ています。

今後の動向は何一つ確かなものはないとはいえ、この10年はメキシコに注目しているメーカーが国内外を問わず多くなっています。

コンパクトカー対決が今年も展開される?

最初に見たときにそれがヴィッツとは思わなかった方も少なくないはずのマイナーチェンジになったのですが、これをマイナーチェンジと呼ぶのだろうかというほどフロントマスクが大きく変化しています。

今回のヴィッツのマイナーチェンジのポイントは、フロントマスクとエンジンです。

見た目に与えるインパクトが大きいのは当然ながらフロントマスクですが、実際に試乗をしてみるとエンジンの違いに気付くことができます。

今回はヴィッツのエンジンにもアイドリングストップ機能が搭載されることによって、カタログの数値では燃費が大幅に向上しています。

ヴィッツのライバル車として位置づけられているフィットは、すでにフルモデルチェンジを経て市場に送り出されています。

最近では燃費性能の面でフィットに先行されていただけに、エンジンの改良によって燃費を向上させることによって同じ土俵に登ることができたと言えます。

しかしながらヴィッツのライバルはフィットだけではなく、同じメーカーから販売されているアクアやプリウスといったハイブリッド車です。

初代のころにはコンパクトカーの販売台数の点で優位に立っていましたが、ここにきてプリウスやアクアに大きく差を付けられています。

内装に関してはマイナーチェンジによってヴィッツの質感も高まったとはいえ、以前より評判のよかったフィットの質感には、好みの問題もあるとは言え大きく差を付けられているのが現状と言えます。

運転席も後部座席も、全体的にゆっくり座れるという印象を持つことができるのはフィットの方だという意見が多く出ています。

これは両方の車を同じ日に試乗してみると体感することができます。

価格に関してもフィットの方に軍配が上がる結果になっていますが、果たしてヴィッツの投入によって市場はどのような判断を下すのでしょうか。

しかしながらすでに3度のリコールをしていることや、不具合の声が上がっていないわけではないフィットは、比較の点ではヴィッツよりも評価されているとはいえ、そのような評価の割には街中で見かける機会が少なくなっています。

モーターショーの存在意義はあるのか?

現実離れしているところにその存在意義を見いだす人もいれば、非現実的であるという理由からあまり魅力を感じない人がいるのもうなずける、そのようなモーターショーが毎年東京や名古屋などで開催されています。

最近では日本のモーターショーではなく、アジアの拠点を上海と位置付けて、中国を重視するメーカーも出てきているとはいえ、まだまだ東京のモーターショーも賑わいを見せています。

だれもが羨むような超高級車や、いまの世の中には出ていない未来の車が出展されるという点で、モーターショーは新車発表会とは性質を異にしています。

今回の東京のモーターショーでは、残念ながら高級車の数が減っているように感じましたが、それでもやはりモーターショーが夢を売る場であることに変わりはないというのが正直な感想です。

モーターショーの歴史を注意深く振りかえっていくと、その年には夢のような車として出展されていたクルマも、それから数年して実際に市道を走ることになっている場合もあります。

そのような観点で見ると、今年のモーターショーに出展されている姿を目にしたときには、「未来にはこんなクルマが走っているのか」と感じたものでも、実際にはあと数年もすれば一般に販売されている可能性も否定できません。

これからは「だれもが乗ってみたくなるような魅力的なクルマ」という観点だけではなく、だれもが驚きを隠せないような環境性能、低燃費を実現させたクルマ、いまでは主流になっていない燃料を使用して走行できるクルマなども、ある意味では夢を売るクルマとして注目されるようになっています。

モーターショーの存在意義を問う声も上がっています。

たしかに各メーカーが未来の車や発売直前の車をPRすることで事が足りてしまうかもしれません。

現実的には運営の面でも非常に厳しい局面に立たされていますので、税金を投入することによって支援して、その結果運営を続けさせようという声も上がっています。

今後の展開は私たち次第ではありませんが、それでも夢を提供してくれる場としてのモーターショーに出かけることによって貢献できるかもしれません。

世界的なセールスを誇っているアウディの魅力とは?

強い車はどのような状況にあっても強いということを実証しているのがドイツの自動車メーカーです。

ドイツ車と聞くとBMWかベンツを思い浮かべるかもしれませんが、いまの時代に本当の意味で強さを発揮しているのはそのどちらでもなく、アウディなのです。

アウディというと日本では少し前の時代のイメージで「御嬢さんが乗る赤い車」というものではなく、いまではさまざまな年齢層の支持を得ている自動車メーカーになっているのです。

このようなアウディ人気は国内市場に限ったものではなく、世界的に見ても素晴らしい販売実績を残しています。

その理由はユーザーが決めるものかもしれませんが、ありとあらゆる人のニーズにこたえるオールマイティーなものづくりというよりも、それぞれのシリーズで対象を明確にすることができる点で成功していると言えます。

しかしそれだけではありません。

世界中で評価されていることの大きな要因は、そのクオリティーの高さにあります。

クオリティーの高さで言うと、ドイツの自動車メーカー全体のレベルが非常に高いのですが、近年においてはその中でもBMWやベンツを抜いてアウディのクオリティーが非常に高いと言われています。

そのクオリティーの高さをベースに、優雅なスタイルに魅かれることもあれば、独特のエンジン音に魅了される人もいます。

安全面での評価においてもA6シリーズは最高評価を受けるなど、まさにユーザーが選ぶべくして選んでいるのがアウディです。

今後もますます日本の街中で優雅に走るアウディを目にする機会が増えてくることが予想されています。

勢いを増すかに思われた韓国車の現在

かつては世界を席巻した日本の家電メーカーも、中国や韓国のメーカーに追いつかれ、そして追い抜かれるという苦い目に遭っていることからして、これからはさまざまな分野において同じような現象が起こるに違いないと考えた人も少なくないと思います。

とくに韓国メーカーの強みはその価格にあります。

同じような品質で信頼のできるブランドとしてのイメージが確立しているのであれば、多くの人は低価格の方に気持ちが向かうに違いありません。

少し前から世界の新車市場に目を向けてみると、かつては日本車が圧倒的優位を保っていた市場において、韓国車のディーラーが軒を連ねて販売台数を増加させているというニュースが入っていました。

とくに顧客からの声としては、トヨタなどの日本車を購入したくても、価格面で考えて韓国車に気が行ってしまうというものでした。

しかも韓国メーカーの評判や国を挙げての支援体制などもあって、このまま長足の進歩を遂げるものかと思われていました。

もちろん日本の市場においては韓国車の人気に火が付くという現象は見られませんでしたが、アメリカなどの先進国においても人気が出ていました。

しかしここにきてアメリカ人が韓国車を敬遠し始めているようです。

急速な成長の裏には隠されている事柄もいろいろとあり、そのことが明るみに出るにしたがって、「やっぱり」という声が上がっているのです。

燃費表示の改ざんなど、今後信頼を回復していくには相当の年月を要するレベルの問題も発覚しています。

これからの時代もやはり信頼によって裏付けされているメーカーに強みがあると言えます。