ホンダのF1再参戦が持つ大きな意味

今回のホンダのF1参戦、というよりは再度の挑戦は、以前の再挑戦に比べるとそれほど注目を集めていないように感じられます。

もちろん、日本においては全体的にF1人気が以前に比べると下火になっていることが挙げられると思います。

ところが、じつは今回のF1参戦はホンダにとって社運をかけての意味を持つ参戦でもあり得るのです。

とくに、ホンダの場合は独自の戦略によって販売台数は堅調な伸びを示してきましたが、ハイブリッド戦略においては先駆けであったもののトヨタに完敗しています。

その典型的な例はインサイトとプリウスの対決、そしてその結果でしょう。

プリウスは驚異的な支持を得ている一方で、インサイトを街中でみかけるとおもわず「珍しい」と思ってしまいます。

結論からして、インサイトは次世代モデルが出ず、プリウスは今後もモデルが変更されていくことでしょう。

しかし、そんなホンダ自動車がこれからの環境や燃費を意識したモノづくりに一から向き合っていくという決意表明を感じることができるのが今回のF1再参戦です。

なぜそう言えるのでしょうか。

以前の大排気量エンジンに比べて、2014年のシーズンからはF1において使用されるエンジンはかなり小型化しています。

1.6リッターのV6エンジンに変更されており、以前の2.4リッターV8から比べると一回り小さくなっています。

さらに、搭載できる燃料の量もかなり減らされています。

つまり、F1業界が環境への配慮をしているわけではないとしても、時代の流れに調和して、いまでは小型エンジンでより効率のいい燃料消費の技術がエンジンを供給するメーカーには求められる結果になっています。

そのような観点から見ると、ホンダのブランドとしての強みはあるものの、環境性能、燃費の性能で観たときにホンダのエンジンを採用するというには大きなリスクが伴います。

しかし、ホンダサイドではF1マシンに搭載する技術を実験ととらえて、即座に市販車への採用を念頭に置いた開発を進めていくという戦略を打ち出すようです。

そこで、これまではある意味時代の流れで市場が求めている環境への配慮、低燃費という戦略では後れを取った10年を、今後の10年で取り戻す、そして一気に抜きにかかるという意思表示となっています。

たとえば、新技術として注目されているのは排気エネルギーからタービンを経由させることによって電気エネルギーに変換させるという荒業です。

このような技術がまずF1マシンにおいて成功し、やがて市販車に投入されるなら、今の構図を一気に塗り替えて、「エコと言えばホンダの新技術」という評価が認知される日がやってくるかもしれません。

もちろん新技術に関して言えば、他社もそれぞれ開発している中ですから独り勝ちはそれほど簡単なことではありません。

NA、ターボ、そして時々スーパーチャージャー

低燃費が重視される時代にあって、ターボ車にお目にかかる機会が少なくなってきました。

一昔前は面白いクルマと言えばターボ車で、それに対してNA車は中高年のセダンというイメージだったかもしれません。

しかし今ではターボ車に乗っているというとエコではないというレッテルを張られかねません。

それでも最近では低燃費のターボ車の開発などの甲斐があって、両立させることが可能になっています。

ターボ車の魅力は何と言っても小さい排気量の車でも馬力を出すことができる点にあります。
試しに軽自動車でターボ仕様とそうではない車を試乗してみるとよくわかります。

軽自動車の場合は排気量が小さいので、走りを楽しむための車ではないような印象を受けますが、ターボ仕様の場合には驚くほどよく走ります。

当然ながらカタログの数値ではNA車の燃費と比べると劣りますが、近年その差はわずかになっています。

その一方で、以前は排気量の多い車にもターボが搭載されていましたが、ここにきて排気量の多い高級セダンにはNAのほうがふさわしいという見方が一般的になっています。

NAの場合はターボと違ってターボラグがなく、スムーズにエンジン回転が上昇していくため、スムーズな走りを実現させることができます。

また、高回転での走行を楽しむ際にもやはりNAに軍配が上がります。

そのほかにも、最近では日本車に搭載される例が少なくなりましたが、スーパーチャージャーにはそれなりの魅力があります。

こちらは馬力ではなくトルクを重視することになり、売れているモデルでは新型のゴルフに搭載されています。
好みに応じて車を選ぶことができるので、比較の対象にしてみましょう。

クリーンディーゼルは本当に「クリーン」なのか?

黒煙を吹き上げながら大きなエンジン音で加速をしていくトラックを見かける機会が少なくなりました。 日本においては排気ガスの規制の中でも、ディーゼル車に対する規制によって基準を満たしていないトラックなどが排除されることになり、いまでは基準をクリアした車によって街が満たされています。

そんな中、最近になって話題になっているのが「ディーゼル車」です。 もちろん「クリーン」という形容詞が付いているものの。わたしたちの固定概念からすると、「ディーゼル車は環境に良くない」というイメージなので、ディーゼル車の開発は時代の流れと逆行しているのではないかと感じてしまうのです。

しかし、今回登場しているクリーンディーゼルは環境にやさしいエンジンとして注目されています。 とくに燃焼効率がいいため、ガソリン車に比べて二酸化炭素の排出量が少なくて済みます。 つまり、わたしたち地球人としての社会的責任である地球温暖化を阻止するために寄与するのです。日本ではまだ主流になっていませんが、ヨーロッパのある国では新車販売のうちの約半数がクリーンディーゼル車という報告もあります。

生まれ変わった「クリーンディーゼル」は、いまやガソリンよりも環境にやさしいという新たな認識を持つ必要があります。 ディーゼルエンジンはユーザーにとっても大きな利点をもたらします。 ガソリンスタンドに行けば一目瞭然ですが、ガソリン価格に対して軽油価格が少し安くなっています。これは特に税制の違いによって生じる価格差なので、税制改革によって今後変動する可能性もあるとは言え、現時点では燃料費を節約するためのよい手段です。

もう1点疑問があるという方も少なくないと思います。 昔のイメージでは、ディーゼルエンジンはうるさく、とくに信号待ちの時にはガタガタするという印象ですが、クリーンディーゼルはいかがでしょうか。 結論からすれば、クリーンディーゼルの場合は精度の高い燃料噴射が実現されており、さらにエンジン自体の性能も向上しているため、エンジン音もアイドリング時の不快感も少なくなっています。 この点は是非試乗をして確認していただきたいと思います。

低燃費実現におけるエコタイヤの役割

低燃費が流行語大賞にノミネートされないのが不思議なくらい、世間では低燃費に対する関心が高まっています。 各メーカーとも世界最高の数字をたたき出すために日夜競争をしています。

そんな中で、実際に低燃費車を購入すると気づくことですが、期待通りの燃費を実現させ続けるためには、それなりのメンテナンスが求められ、しかも専用のものを使用する必要があります。 ごく身近な例ですと、オイル交換の時にも粘度が異なるものを使用する、タイヤを交換するときにはエコタイヤを使用するなどです。 エコタイヤが燃費の向上に役立つのでしょうか?

エコタイヤは転がり抵抗が低くなっているため、摩擦の抵抗が高いタイヤに比べると燃費が向上します。 実際の測定でも、転がり抵抗によって燃費が向上したというデータがありますが、その分だけ濡れた路面などでの安全性が気になるところです。

しかし、国産メーカーが販売しているエコタイヤは、さまざまな路面においても通常のタイヤに劣ることのない性能を発揮してくれます。 エコタイヤが低燃費を実現するためには、良いコンディションを維持しておかなければなりません。 毎月空気圧をチェックして、適性や空気圧によって走行することが大前提となります。 本当にエコを実現させるためには、日頃の努力が伴わなければならないわけです。

アイドリングストップ機能について

最近では信号待ちをしていて、青になる瞬間に隣の車のエンジンが始動する音を聞く機会があるでしょう。 この仕組みが「アイドリングストップ」です。 少し前までは、コンビニの駐車場の看板などには「駐車中のアイドリングをご遠慮ください」と書かれていました。 つまり、アイドリングをしているとその音が近隣住人の迷惑になると共に、地球環境の保全にもよくないのです。

しかし、消費者がこのアイドリングストップ機能が搭載された車を購入する際には、もう一つの要素、つまり燃費の向上を期待する心理が働きます。 通常、車は走行中だけでなく停車時にもエンジンを回転させ続けますので、渋滞によって停車しているときや、長い信号待ちでもガソリンを消費します。

ところが、アイドリングストップを採用している車は、停車時にはエンジンをストップさせますので、その間にガソリンを消費しなくて済みます。 それが優れた技術であることは、実際にアイドリングストップが搭載された車を運転してみるとよくわかります。 エンジンが温まると機能を開始して、減速していく過程において作動することもあれば、最終的には停止してブレーキを踏むと作動します。

次に発進するためにブレーキを離すと、メーカーにもよりますがわずか0.5秒前後でエンジンが始動します。 アイドリングストップの時も通常の機能、たとえばオーディオやパワーウィンドウは作動しますので、まったく不自由なことがありません。 夏の時期にエアコンをかけているなら、エンジンがストップするとエアコンの機能が低下します。 そのような時には「アイドリングストップOFF」ボタンを押すことによって、作動しない設定にしておくことができます。

アイドリングストップの仕組みを理解していない場合や、初めて体験する方にとっては、「もしも交差点などでエンジンが再始動しなかったらどうしよう」という不安があるかもしれません。 しかし、メーカー側もそのような面での対策はしっかりと視野に入れており、支援バッテリーを付けるなど万全の態勢を敷いています。 次に購入するのがアイドリングストップ機能搭載車種であれば、安心して使うことができます。