低燃費実現におけるエコタイヤの役割

低燃費が流行語大賞にノミネートされないのが不思議なくらい、世間では低燃費に対する関心が高まっています。 各メーカーとも世界最高の数字をたたき出すために日夜競争をしています。

そんな中で、実際に低燃費車を購入すると気づくことですが、期待通りの燃費を実現させ続けるためには、それなりのメンテナンスが求められ、しかも専用のものを使用する必要があります。 ごく身近な例ですと、オイル交換の時にも粘度が異なるものを使用する、タイヤを交換するときにはエコタイヤを使用するなどです。 エコタイヤが燃費の向上に役立つのでしょうか?

エコタイヤは転がり抵抗が低くなっているため、摩擦の抵抗が高いタイヤに比べると燃費が向上します。 実際の測定でも、転がり抵抗によって燃費が向上したというデータがありますが、その分だけ濡れた路面などでの安全性が気になるところです。

しかし、国産メーカーが販売しているエコタイヤは、さまざまな路面においても通常のタイヤに劣ることのない性能を発揮してくれます。 エコタイヤが低燃費を実現するためには、良いコンディションを維持しておかなければなりません。 毎月空気圧をチェックして、適性や空気圧によって走行することが大前提となります。 本当にエコを実現させるためには、日頃の努力が伴わなければならないわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする