自分で納得のいく夏タイヤを選ぶには

最初に車を購入するときには、たいていの場合装着するタイヤは決められています。

オプションでタイヤのメーカーやタイプを選ぶということはまずありません。

もちろんメーカー推奨の、最適なサイズのタイヤが装着されており、最近では低燃費を実現するためにもエコタイヤを標準で履いている場合も少なくありません。

その後、地域によってはウィンターシーズンを迎えるたびに冬用のタイヤに履き替えることになると思いますが、それでもいつかは夏タイヤも消耗していき、タイヤ交換の時期を迎えます。

そのような時期こそ、自分の個性や願いを十分に反映させたタイヤを選ぶための素晴らしい機会なのです。

同じタイヤでも、メーカーが違うとか高いか安いかということだけではなく、目的に応じて実にさまざまなタイヤが販売されていることを知って驚かれるに違いありません。

単純に見るだけでも、スポーツ性能を重視して走りを高めてくれるタイヤなのか、乗り心地をとにかくよいものにするためのタイヤ選びにするかによって大きな違いがあります。

大切なことは、自分が必要としているタイヤの種類をよく知って、そのうえで実際に価格などの面とも合わせて考えながら選択をするという形になります。

基本的には溝の形状とゴムの硬さによって大きく異なってきます。

必要に応じて自分で調べることもできれば、タイヤ専門店の熟練したスタッフのアドバイスを参考にしながらタイヤを選ぶことができます。

それでも、自分の好みのタイヤが総合的に言って最適なタイヤとなるというわけではないかもしれません。

たとえば、セダンタイプの車に乗っている場合と、ミニバンの場合のタイヤ選びでは大きく異なります。

自分の好みを重視しすぎて購入すると、思っていたよりも早く消耗してしまうことや、以前に比べると燃費がかなり悪くなってしまうという結果になりかねません。

結論からすれば、タイヤ選びにはそれなりの広い視野と知識が必要になります。

まず自分自身である程度の目星をつけることもできますが、一度は専門のスタッフの意見も聞いてみることをお勧めします。

スタッドレスタイヤを長く快適に使用するために

毎年買い替えるとなると経済的なダメージが大きいのがスタッドレスタイヤです。 しかし、だからといって肝心な時に効き目がないようでは意味がありません。

日本ではほとんどの地域でスタッドレスタイヤの需要があります。 降雪量の多くない地域でも、年に1回か2回の大雪の日に通勤しなければならないために、わざわざスタッドレスタイヤに履き替えなければならない場合もあります。 国内外のメーカーでスタッドレスタイヤの価格には大きな開きがありますが、一般的に使用されているメーカーのタイヤを選ぶと、ボーナスの多くがタイヤ代に回ってしまうという結果になりかねません。

スタッドレスタイヤを買わなければならないことは仕方がないとして、できるだけ長く使用できるような工夫ができればより経済的です。 タイヤの性能が上がっているはずのいまでも、カーショップの店員に聞くと、「スタッドレスタイヤは3年を目安に交換するといい」と言われます。 営業上の話、あるいは安全面での配慮からの言葉と受け止めても、やはり数年に一度は交換するべきなのでしょうか。

はっきり言って、スタッドレスタイヤの寿命は走り方や走行距離、夏場の保管方法によって変わってきますから、一定の基準を参考にするというよりも、むしろ寿命の測り方を覚えておくとよいでしょう。 交換の目安としては、新品の時と比べて溝が半分くらいになっているなら交換をおすすめします。ほとんどのタイヤには、交換時期であることを知らせる「プラットフォーム」という目印が付いています。 目印が出ているなら、余計な知恵を絞るのではなく交換してください。

雪道で効き目がないようでは本末転倒です。 しかし、溝の深さ以外にも大敵なのがゴムの劣化です。 ゴムの劣化を防ぐために、保管時にはタイヤをしっかりと洗浄しましょう。 また、保管場所として最適なのは直射日光の当たらない風通しの良い場所です。 適切な仕方で保管するためのキッドが販売されていますし、必要に応じて保管をしてくれるお店のサービスを利用することができます。 冬には欠かせないスタッドレスタイヤですが、ふさわしい保管によって最大限に使用できるように心がけたいものです。