再びコペンが街に現れる

1980年代の後半から1990年代の前半は、本当に面白いと言えるクルマが街を席巻していた時期でした。 バブルの象徴であった日産の初代シーマが大きくお尻を下げて加速する姿や、違法改造すれすれのスポーツカーなど、街に繰り出すだけでワクワクしたものです。

そんな中でひそかにバトルを繰り広げていたのがダイハツの「コペン」とホンダの「ビート」です。 とにかくその衝撃的なコンセプトに度肝を抜かれて、セカンドカーとして購入したお父さんたちも続出して、街には真冬にもかかわらずフルオープンで走る姿が見られました。 そんなFRツーシーターオープンカーの軽自動車も次々と姿を消していき、2012年の秋にはコペンの販売終了をもって一つの時代に幕が下ろされる形となりました。

しかしながら、わたしたちにとって明るい話題を提供してくれるのが東京モーターショーです。 今年の東京モーターショーでは、市販を念頭に置いたコペンの後継者が発表される見通しとなっています。 次期コペンに関して現時点で明らかになっている情報としては、エンジンは2気筒ではなくムーブなどにも採用されている3気筒を搭載するようです。

しかし、コペンの売りだった手軽にオープン走行を楽しむことができるという点は引き継がれ、電動ハードトップが採用される予定です。 今回ダイハツがコペン復活を意図したのはどのような狙いによるのでしょうか。 「クルマ好きを増やすため、低燃費だけでなく走りが良い車も重要」という、なんとも涙が出てくるようなダイハツの社長のコメントが発表されました。これがすべてです。

バブル期の面白いクルマを知っている世代にとっては、やはりクルマは楽しむものという感覚が強いので大歓迎でしょう。 本当のクルマを知らない若い世代にとっては、クルマ離れが進んでいるという現象の打開に効果をもたらすことができるのでしょうか。 このような展開になってくると黙っていないのがホンダ自動車です。 ホンダもビートの後継車と位置づけられる軽スポーツカーを市場に投入する予定です。 再び街に軽オープンカーが見られる日は近いので、楽しみに待っていることにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする