再びオープンカーをめぐる戦いが勃発する

気候が暖かくなってくると増えてくるオープンカーですが、真冬でも幌を外して乗っている男性を見かけると評価が二分することになります。

そのような自己流で歩んでいる男性をかっこいいと思うか、あるいは世間と少しずれている異端児と見るかは別として、オープンカーを所有していることは裕福さの象徴であると思われる時があります。

それもそのはずで、フルオープンになる車は2シーターのため、普段の生活の中では困ってしまうことがあり、たいていの場合はセカンドカーとして所有し、週末に乗り回すというケースがほとんどだからです。

経済事情が変化している昨今において、車を2台所有して維持していくことができる家庭はそれほど多くありません。

しかし、オープンカーを一度手にしてオーナーになってしまうと、その爽快感は他の車では決して味わえないために、手放すことが難しくなってしまいます。

あるいは、昔の感覚を再び呼び覚ましたいという希望から、ひそかにオープンカーを購入する計画を練っている人もいると思います。

マツダ車のユーノスロードスターなどは根強い人気を誇っています。価格も手頃ですしね。

そのような状況の中で、今年に入って満を持して発売されようとしている軽自動車のオープンカーには市場が大注目しています。

再びホンダ対ダイハツの熾烈な戦いが見られることを期待したいところです。

ハイブリッド対決では、インサイトが優勢だったものの、いまではすっかりプリウスの独占状態で、ついにインサイトも販売終了となってしまいました。

このたびの軽オープンカー対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか。 実際に購入することによって答えを出すことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする