安全技術の中で一歩先を行く「アイサイト」

ここにきて衝突回避のための安全技術が各自動車メーカーから発表されています。 各社ともオリジナルの名前を付けて、他社との差別化を図っています。

現在のところ市場において高い知名度を獲得しているのが、スバルの「アイサイト」です。 アイサイトが他社のシステムと異なるのは、2つのCCDカメラによって周辺の様子を観察する点で、人の目と同じような感覚でとらえることができることです。

スバル車以外の安全装備では、いまのところレーザーや単眼のカメラを搭載したシステムになっています。 人の視覚により近づくことで的確な判断を下すことがスバルの目的です。 ただし、安全技術はぶつからないためだけのものではありません。

スバルのアイサイトでは、渋滞時の運転ストレスを緩和するために自動追従システムを取り入れています。 この技術によって、少し前の車が動くたびにアクセルを踏んですぐブレーキをかけるという作業をしなくて済みます。 オートクルーズ機能によって、割り込みをしてきた車も認識して追従することができ、便利であると共に安全面でも寄与します。

また、ギアやペダルの操作ミスによって起きる事故を防ぐ点でも活用できます。 さらには運転中のふらつきなどを感知して、居眠り運転に対して警告を与えてくれます。 アイサイトは運転者の強力なサポートをしてくれるので、アイサイトが搭載されているかどうかで車を選ぶユーザーが現れているほどです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする