軽トラ・軽バンの中古車査定について

01-01 買取り

今まで、「仕事で、軽トラや軽バンを使用していた」という方も多いと思います。仕事で車を使う場合には、荷物がたくさん詰めたり、小回りが利くというのは、とても助かりますよね。こういった車を利用していた方の中には、「そろそろ、買い替えを検討しようかなぁ」という方、「車検を機に、買い替えよう」と考えている方もいると思います。

そんな方は、どういった形で、車を手放そうと考えていますか。新しい車の購入予定がある方の中には、「売った費用を、新しい車購入資金として利用したい」と考えている方も多いと思います。そんな方は特に、「少しでも高く売りたい」と考えているのではないでしょうか。そんな時は、中古車買取業者を利用することをおすすめします。中古車買取業者の場合には、中古車を購入して、販売することが一番の仕事となっていますので、査定額も高くつく可能性が高くなります。また、今では数多くの買取業者がありますから、業者の査定額などを比較することで、より高く買い取りをしてくれる業者を選ぶことも出来ますから、とてもお得。下取りと比べると、10万円以上も差が付くケースもありますから、これはぜひ買取業者に査定してもらいたいものですよね。

しかし、買取りの場合には、手続きなどの手間がかかるというデメリットがあります。新しい車購入予定の方は、買取りを行い、現金で買取額を受け取り、車購入の際に頭金などとして利用することになりますので、多少の手間はかかると考えておいた方が良いでしょう。

01-02 下取り

軽トラや軽バンなどに乗っている方の中にも、「車検を機に、買い替えを考えている」という方も多いと思います。やはり、車検費用などを考えると、このタイミングに新しい車への買い替えを考える方が多いですよね。

そんな方の中には、「今の車は、あたらしい車を購入するディーラーで、下取りしよう」と考えている方もいると思います。確かに、下取りであれば、今の車の売却手続き、新しい車の購入手続きが、一カ所で行うことが出来ますから、とても便利ですよね。また、下取りの場合には、新しい車が納車されるまでは、今までの乗り慣れた車を使用していくことも出来ますから、安心して納車まで過ごすことが出来ます。代車などの場合には、やはり「乗り慣れなくて、不安」という方も多いでしょうから、納車まで自分の車に乗れるというのは、下取りのメリットといえるかもしれませんね。

しかし、買取りと比べると、査定額は低めの設定となるケースが多くなります。それは、ディーラーでは買取り作業は、あくまでも付随する仕事のため、それほど力を入れていません。「手続きが面倒だから、出来ればスムーズに売却、購入を進めていきたい」と考えている方にとっては、下取りはおすすめの方法といえますが、「少しでも、車を高く売りたい」と考えている方には、不向きの売却方法といえるでしょう。まずは、何を重視するかによって、どういった売却方法を取り入れるか、検討する必要があるかもしれませんね。

01-03 廃車

仕事で、軽トラなどの特殊な車を利用している方も多いと思います。仕事で使っている場合には、「かなりの距離を走っている」という方も多いでしょうし、「車は、使いすぎてボロボロの状態となっている」という方もいるでしょう。そんな方の多くは、「廃車にしよう」と考えているのではないでしょうか。確かに、距離を走っている車やボロボロの車の場合には、査定額が付かないこともありますから、廃車という方法を取るしかないこともあります。また、中には「車検が切れそうだから、これを機に手放そう」と廃車を検討している方もいると思います。しかし、廃車にする場合には、ある程度の費用は必要となります。廃車にするために、費用をかけるというのは、なんだかもったいない様な気がしますよね。「廃車にしよう」と思った時には、廃車にする前に、一度中古車買取業者に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。車検切れが近い車の場合には、出来るだけ早くに査定をしてもらうことをおすすめします。「車検が切れていたら、価値がないだろう」と思っている方もいると思いますが、業者にとって「車検切れ」というのは、それほどマイナス査定とはなりません。それどころか、思っていたよりも高い査定額となるケースもあります。査定を行ってもらい、「これは、査定額は出せないですね」と言われてから、廃車にしても遅くはありませんから、まずは一度中古車買取業者で査定を行ってみましょう。廃車の場合にも、廃車として引き受けてくれる業者もありますので、安心ですよ。

01-04 査定ポイント

軽トラや軽バンを、買取り業者にこれから「査定をしてもらおう」と考えている方もいると思います。いざ、買取りをしてもらおうと考えると、やはり「出来るだけ、高く買い取ってほしいなぁ」と思っている方、多いのではないでしょうか。高い査定をつけてもらうには、ポイントを押さえておくことが大切。

では、査定のポイントをご紹介しましょう。まずは、査定の際には車種、年式、ランク、カラーなどにより、ある程度の相場が決められています。そして、そこから様々なチェックを行い、マイナス査定を行っていきます。仕事などで車を使っている方の場合には、「かなりの距離を乗っている」という方も多いと思いますが、査定の際にはこの走行距離は重要なポイントとなります。当然、走っていなければいないほど、査定額は高くなります。しかし、中には査定額を上げるために「走行距離を、偽造しよう」という方がいます。こういった偽造などは、査定の際に見抜かれてしまいます。見抜かれれば、査定士は「他にも、何か嘘をついている可能性がある」という目でチェックを行っていくことになりますので、逆効果ともいえます。査定の際には、正直な申告を行う様にしましょう。また、車内、エンジンルーム、オプション、外装なども細かくチェックを行っていくことになります。

そのため、「少しでも、高い査定額を出してほしい」と考えている方は、査定前に綺麗に清掃を行っておくことが必要。普段から、「この人は、綺麗に車に乗っているな」という印象を与えることが大切となるでしょう。

01-05 売却の流れ

車を、買取業者などに売却したことがないという方の中には、「軽トラや軽バンを売却する際には、どういった流れで売却を行うのだろう?」と思っている方もいると思います。仕事などで使っている場合には、急いでいる方も多いでしょうから、この流れは気になりますよね。

では、中古車買取業者で、車を売却する際の流れについて、ご紹介しましょう。まずは、インターネットの一括査定などのサイトを利用することをおすすめします。サイトを利用することで、まずは売却したい車の相場を知ることが出来ますし、どの業者が高い査定額を付けているのか、比較することが出来ます。同じ車を売却する場合でも、業者によっては様々な査定額となりますから、比較を行うことは重要といえます。そして、その査定額を見て、「ここが高い査定額を付けてくれている」という業者、2社から3社程度に、実際に車を持ち込み、査定を行ってもらうことになります。一括査定サイトなどで行った査定額は、あくまでも目安となります。車を実際に見ることで、実際売却する際の売却額が分かることになりますので、更にこの査定額を比較した上で、売却する業者を選ぶことになります。「ここの業者にしよう」と決まったら、そこではじめて売却の手続きを行うことになります。手続きを終え、車を納車した後、1週間から2週間前後で、指定した口座へ車の売却額が入金されることになります。

車を売却する際には、こういった流れで行われることになります。売却の際には、比較することが重要となりますので、面倒がらずに行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする