軽自動車の新ジャンル登場?スズキ「ハスラー」

いつかはトヨタのFJクルーザーに乗りたいと思っていた人のハートをつかむことができるかどうかは別として、スズキの「ハスラー」が発表されたときにはFJクルーザーが頭の中に浮かんだという人も少なくないと思います。 言うまでもなく、トヨタとスズキには関連がなく、よってFJクルーザーとハスラーにもなんら関係はありません。

その奇抜なフォルムから、一目惚れしてスペックを一切確認しなくても購入を検討するというケースが出てもおかしくないくらい、「なぜこれまでこのような車がなかったのか」と思ってしまうほどの衝撃というか、盲点を突いた車となっています。

これまで軽自動車を選ぶ目的はその経済性や燃費からという方にとって、軽自動車という枠組みにはめてハスラーを評価するというよりは、まったく新しいジャンルとして検討してみるとよいと思います。 できれば、これほど個性的な車を選択するなら、エンジンはNAではなくターボ、そして4WDにすると本来の良さを満喫することができます。

スズキ自動車は、アルトエコで再び軽自動車で最高燃費をたたき出している一方で、燃費が悪くなるターボエンジンを搭載したハスラーなどを市場に投入して、ユーザーの心理を巧みに操っています。 このハスラーに搭載されている新技術に注目してみると、オフロード走行ではなくても恩恵を受けることのできる技術であることに気付きます。 赤外線レーザーを使用した衝突被害軽減ブレーキや、下り坂で自動的にブレーキを介入させるシステムなど、「あって欲しい」という新技術がしっかりと加わっています。

軽自動車業界がひたすら燃費向上に励んでいる中で、新ジャンルの伸びに期待が集まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする