勢いを増すかに思われた韓国車の現在

かつては世界を席巻した日本の家電メーカーも、中国や韓国のメーカーに追いつかれ、そして追い抜かれるという苦い目に遭っていることからして、これからはさまざまな分野において同じような現象が起こるに違いないと考えた人も少なくないと思います。

とくに韓国メーカーの強みはその価格にあります。

同じような品質で信頼のできるブランドとしてのイメージが確立しているのであれば、多くの人は低価格の方に気持ちが向かうに違いありません。

少し前から世界の新車市場に目を向けてみると、かつては日本車が圧倒的優位を保っていた市場において、韓国車のディーラーが軒を連ねて販売台数を増加させているというニュースが入っていました。

とくに顧客からの声としては、トヨタなどの日本車を購入したくても、価格面で考えて韓国車に気が行ってしまうというものでした。

しかも韓国メーカーの評判や国を挙げての支援体制などもあって、このまま長足の進歩を遂げるものかと思われていました。

もちろん日本の市場においては韓国車の人気に火が付くという現象は見られませんでしたが、アメリカなどの先進国においても人気が出ていました。

しかしここにきてアメリカ人が韓国車を敬遠し始めているようです。

急速な成長の裏には隠されている事柄もいろいろとあり、そのことが明るみに出るにしたがって、「やっぱり」という声が上がっているのです。

燃費表示の改ざんなど、今後信頼を回復していくには相当の年月を要するレベルの問題も発覚しています。

これからの時代もやはり信頼によって裏付けされているメーカーに強みがあると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする