TPP交渉で軽自動車の運命が決まる

ここのところ毎日の新聞記事で目にするTPPですが、わたしたちの生活に与えるメリットと、専門家の見方、さらには影響を受ける産業に関係のある人ではとらえ方が大きく異なります。 関税が撤廃されて、TPP参加国からの製品や農産物が入ってくると、食品価格の下落や工業製品を安く購入することができるというメリットがあるのです。

しかし、これらは消費者の観点からのメリットであって、その産業に従事する方々にとっては死活問題となります。 そのような中にあって、農産物と同じくらい注目されている業界が自動車産業です。 じつはTPPの交渉次第では、わたしたちに自動車の選択肢がさらに与えられるなどという簡単な構図ではなく、生活に大きな影響を与える可能性があります。

最近注目されているのは、アメリカが日本の軽自動車に対して良くない印象を持っており、TPPの交渉を進めていくにあたって、軽自動車の制度そのものの見直しを迫ってくる可能性があるのです。 しかし、そもそも軽自動車の何が問題なのでしょうか。 アメリカ側の考えでは、日本国内でアメリカの車が売れないのは、日本国内では軽自動車が保護下にあって、そのためにアメリカが造っているような車は売れなくなってしまうという発想です。

この点に関して大義名分を付けるならば「不公平な非関税障壁」で、交渉にあたって検討が必要であるという見解をもっているわけです。 その背景には、以前はアメリカの自動車メーカーはこぞって日本の自動車メーカーの中でも軽自動車の分野でシェアを持っている会社と資本提携などをしていましたが、それらが解消されることによって軽自動車が売れてもアメリカには何の利益ももたらさないことが関係してきます。

いずれにしても、TPP交渉の大前提は国益を促進することですから、各国がそれぞれの思惑を前面に押し出してぶつかり合って、折り合う地点を探していくことになります。 そのような中にあって、日本サイドがどの程度まで強国を目の前にして有利な条件を引き出すことができるのか、その点は軽自動車のユーザーをはじめとして、わたしたちすべてに関係してきます。

国費で補うほどの効果があるのか:「高速道路の割引」

車を中心に生活が回っている地域に住んでいる方々にとって、高速道路の料金割引や、1,000円で移動できる区間などは、よく持ち上がる話題なのではないでしょうか。

これまでは飛行機や新幹線で移動していたような区間でも、自家用車で移動してみようかな。という発想が生まれてきていたはずです。 最近ではレンタカーやカーシェアリングシステムも利用しやすくなりました。さらにLCCの台頭などもあり、旅行も含めた移動手段の選択が、今大きな焦点となっています。

しかし、高速道路の料金に関しては変動が不可避のため、いつ割引料金の適用が打ち切られるのかわからないといった不安もあります。 そんな中で、高速道路の割引料金の延長が発表されました。 期間は2014年のゴールデンウィークまでとなっています。 すでにご存じのとおり、そのタイミングで生活には大きな変化が生じます。 それは消費税率の変化で、いまよりも3パーセント上乗せされます。

政府は消費税率の引き上げに伴う消費の冷え込みを阻止するための様々な対策を検討しており、その一環で高速道路の割引期間延長が浮上してきました。 しかしながら、このような割引を実現させるための財源はすでに底をついているため、その先の展開に関しては不透明とも言えます。 国費が投入されるとなれば、その効果がはっきりしているものに対して投入されるべきであるという考え方が一般的ですから、高速道路の割引における経済効果が限定的であると判断されるなら、いつでも廃止の方向へ向かっていく可能性があります。

日本のハイブリッドカーにおける勝者「アクア」

日本のハイブリッドカーを巡る攻防は、日本国内で加熱しています。とくに最高の低燃費を巡っては、トヨタとホンダの一騎打ち状態になっています。 ホンダが市場に投入した通称「フィット3」に対して、トヨタは「プリウス」と「アクア」のツートップで強力に対抗しています。 市場の予想とは裏腹に、国内ではアクアが驚異的な販売台数を記録しており、継続的に売れ続けています。

ご近所でもアクアを購入した家庭があるのではないでしょうか。 そのようなユーザーが口をそろえて言うのが「忘れたころにガソリンを入れるだけでいい」というコメントです。 いまでは消費者の関心がエコに向いていることを如実に表している結果でしょう。

それにしても超低燃費だけでこれほど車が売れるのでしょうか。 アクアの場合は、コストパフォーマンスも魅力となっています。 どうしても200万円は見なければ買えないプリウスと違って、アクアはもう少しリーズナブルです。 さすがに燃費がいいと聞いていても初期費用が大きいと購入を躊躇してしまいます。 さらに洗練されたスタイルは、買い物だけに車を使う主婦であっても、軽自動車ではなくアクアに目を向ける理由となっています。

現在のところ10色の中から選ぶことができ、生活のすべてにおしゃれを反映させたい方にとっては心憎い演出となっています。 まずはその燃費と外観のスタイリッシュさに魅力を感じて試乗に行くと、そこには静寂さを保ったエンジンと、エコ運転をすることが楽しくなるコンテンツの魅力が待っています。

たとえば、エコジャッジと呼ばれるお楽しみコンテンツがあって、自分の運転が評価されます。 100点を取ることは非常に難しいので、いつも悔しい思いをしながらエコ運転を習得していくことができます。 なんとなく、この車に関しては車を選ぶというよりも、ケーキ屋さんでスイーツを選ぶような感覚で、自分の好みに合わせてチョイスすることができたという感覚を抱かせるところに、プリウスにはない魅力があるのだと思います。 今後も街中ではアクアが増え続けていくことは十分予想されます。

インサイトの雪辱は果たせるのか

これまでもホンダとトヨタのハイブリッドカーを巡る対決は、わたしたちユーザーにとって興味を引くものとなってきました。

少し古い例ですと、「プリウス対インサイト」のときには、ホンダの社長が積極的にメディアへ繰り出して、200万円を切るハイブリッドカーをPRしていました。

さて、その勝負の行方はいかに?ということは、実際に街へ繰り出して走っている車を確認すればよくわかります。

2013年に入って、今回のホンダはインサイトではなくフィットをトヨタに対して突きつけてきました。

9月6日にフルモデルチェンジしたフィットについて、ホンダの伊東社長は「フィットはスーパーカブの4輪版」であると述べました。

つまり何が言いたいのかというと、超低燃費を売りに全世界で6000万台売っているバイクのように、低燃費によって支持されるクルマになるだろうということです。

ホンダが新型フィットを世界戦略車として位置付けているかどうかは定かではありませんが、明らかに好調な販売台数を記録しているトヨタのアクアに対する宣戦布告となっているのは確かです。

フィットも3代目になり、ようやく普通車の燃費性能ナンバーワンだったアクアを抜くことができました。

今回の勝負はどちらに軍配が上がるのでしょうか。

発売時期が重なったわけではありませんので、今後アクアを候補に入れていたユーザーがどの程度フィットに流れていくか注目されています。