国費で補うほどの効果があるのか:「高速道路の割引」

車を中心に生活が回っている地域に住んでいる方々にとって、高速道路の料金割引や、1,000円で移動できる区間などは、よく持ち上がる話題なのではないでしょうか。

これまでは飛行機や新幹線で移動していたような区間でも、自家用車で移動してみようかな。という発想が生まれてきていたはずです。 最近ではレンタカーやカーシェアリングシステムも利用しやすくなりました。さらにLCCの台頭などもあり、旅行も含めた移動手段の選択が、今大きな焦点となっています。

しかし、高速道路の料金に関しては変動が不可避のため、いつ割引料金の適用が打ち切られるのかわからないといった不安もあります。 そんな中で、高速道路の割引料金の延長が発表されました。 期間は2014年のゴールデンウィークまでとなっています。 すでにご存じのとおり、そのタイミングで生活には大きな変化が生じます。 それは消費税率の変化で、いまよりも3パーセント上乗せされます。

政府は消費税率の引き上げに伴う消費の冷え込みを阻止するための様々な対策を検討しており、その一環で高速道路の割引期間延長が浮上してきました。 しかしながら、このような割引を実現させるための財源はすでに底をついているため、その先の展開に関しては不透明とも言えます。 国費が投入されるとなれば、その効果がはっきりしているものに対して投入されるべきであるという考え方が一般的ですから、高速道路の割引における経済効果が限定的であると判断されるなら、いつでも廃止の方向へ向かっていく可能性があります。

市場投入が確実なレヴォーグと夢のNSXに大注目!

お隣の国のモーターショーに東京が負けているなんて言わせない魅力が東京モーターショーにはあります。 とくにわたしたちにとって関心度が高くなるのは、夢のコンセプトカーよりも、国内販売が確実なモデルかもしれませんね。

今年の東京モーターショーで注目したいのは、世界中で熱狂的なファンの注目を集めているスバルが投入する予定のレヴォーグです。 国内向けの新型普通車として、スバルが前面に押し出している安全技術のアイサイトの最新版を搭載する予定のレヴォーグから目が離せません。 今回はスバルユーザーだけではなく、その他のブースからの視線も感じるほどの注目度となっています。

大きさとしては現行のレガシーをイメージするとよいです。 若干の小さい感じはあるとしても、サイズで比べるとほぼ同じです。 スバル車を特徴づけるポイントの一つであるフロントマスクは、レヴォーグにおいても対向車が一目で気づくほど、スバル色が強くなっています。

モデルとしては2リッターと1.6の設定になっていますが、どちらもマフラーが左右2本出しになっており、現行のレガシーと比較するならよりスポーティーになっています。 スバルファンなら迷わず2リッターターボのエンジンを選ぶかもしれませんが、2種類のエンジン設定によってスバル車をそのエクステリアで選ぶユーザーにも評価されるかもしれません。

スポーティーなフォルムと安全システム、さらに低燃費化を実現したわけですから、この車が市場に注目されないはずがありません。 レガシーやフォレスター、インプレッサと共に、レヴォーグが定番ラインナップに加わることが有力視されています。 とはいっても、夢のスーパーカーもモーターショーの目玉となっています。

ホンダのNSXと言えば、いまのお父さん世代で知らない人はいないでしょう。 初代のNSXを街で見かけることがほとんどなくなってしまいましたが、そんな中で今年の東京モーターショーでは新型NSXがお目見えしました。 新型NSXのコンセプト車では、ハイブリッドシステムが搭載されています。 現在では2015年から北米で販売を開始する予定です。

ライバルとして位置付けているのはポルシェで、「ポルシェ911と同じ価格」というテーマのもとに、価格設定は1145万円と噂されています。 しかし、ホンダの担当者によると「ポルシェ911と同じ価格で、フェラーリ458が持つような興奮を提供できる車」としてNSXを開発しているようです。 国内では夢のスーパーカーが日産のGT-Rにとどまっている現状があります。 NSXの市場投入によって、日本車がスーパースポーツカーの分野でも海外から支持される時代の再来が期待されます。

カーシェアリングやレンタカーの賢い利用について

日本では住んでいる地域によって自動車の保有に関する価値観が異なってきます。 都心では公共の交通機関を利用するだけで事が足りてしまうため、車の運転免許も取得しない若い人が増えています。 その一方で、地方に行くと家族の成員の数だけ車があって、建て売り住宅などでは車の駐車スペースを3から4台分確保しないと売れないほどです。

ここにきて、欧米ではすでに前から普及していたカーシェアリングの概念も誕生し、実際に会員となってサービスを利用している人も増えています。 国内の自動車メーカーにとっては快いニュースではありませんが、必要なものに必要なだけのお金をかける倹約志向の家庭にとっては、ごく普通の流れであるに違いありません。 カーシェアリングによって快適な利用ができるかどうか、自分の希望するときにスムーズに車を使うことができるかどうかは別として、仕組みそのものには大きな魅力があります。

個人で自動車を登録して使用すると、税金や車検などの費用がかかり、しかも保管しておくために駐車場代も必要になります。 しかし、カーシェアリングではそのような部分の負担がなくなります。 普段は公共の交通機関を利用して、たまにはまとめ買いやドライブ目的で車を使いたいという願いとシステムがマッチしています。

日本国内にはさまざまなカーシェアリングの会社があって、住んでいる地域や希望する車種によって最適な会社選びをする必要があります。 まずは入会にあたって資料を精査して、システムそのものが利用価値を持っているかどうか確かめましょう。 それと共に、実際の利用者が抱えている不満などがあるならば見過ごすことはできません。

カーシェアリングと同じくユーザーにとって手が届きやすくなっているのがレンタカーです。 とくにレジャーなどの計画においては、乗車人数によってメンバーを決めなければなりませんが、車を持っている人でも高級ミニバンをレンタルすることによって、8人誘って遊びに行くことができます。 自動車大国のさまざまなサービスに精通して、家計の負担を減らしながら楽しい生活を送ることが何よりです。

初めての海外勢受賞で日本に危機到来?

今年の日本カーオブザイヤーのニュースを聞いて驚いた方も少なくないと思います。 これまで輸入車が大賞を受賞することがなかったため、そもそも外国の車が選考の対象になること自体を知らなかった人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、今年の場合は大賞候補の10台中、5台が輸入車という結果でした。 なんともうれしいような悲しいというニュースでした。 しかし、ここにきて海外勢もこぞって日本の市場で評価されるクルマ作りを進めており、今後ますます新型が投入されるにあたって、新車販売台数にも大きな影響を与えることは必至です。

とくに今回大賞を受賞したフォルクスワーゲンの車は、燃費だけに注目すると国産車にはかなわないものの、ハンドリングや乗り心地の面からすると群を抜いているという評価を受けています。 少し前まで、ゴルフやポロはおしゃれ感覚で購入する車というイメージが先行していました。 しかしここにきてその実力とデザインの才色兼備状態では、国産メーカーも安泰ではありません。

いまフォルクスワーゲンは大いに盛り上がっています。 今回「ポロ」に環境への配慮とスポーツ性を与えた新タイプ「ブルーGT」が追加されました。 歴代のポロの中では燃費が大いに向上し、しかも走りではゴルフGTIの性能を引き継いでいるという、まさにいいところを取った設定になっています。

今回は専用のエクステリアと17インチホイールの設定によって、購入した状態で乗ってもおしゃれでかっこいいモデルとなっています。 価格に関しても300万を切ることがなかったゴルフGTIに比べると50万円以上安く、手頃な価格で楽しむことができるモデルとなっています。

今後はフォルクスワーゲン愛好者以外にも、純粋に車の性能で評価して購入するユーザーが増えるのではないかと予想されています。 最先端のテクノロジーや燃費性能の追求に走っている国産メーカーも、市場が求めているものに対して敏感な反応を示さなければ、海外勢に追いつかれ、そして追い抜かれる日が到来するかもしれません。 ことしの日本カーオブザイヤーを一つの教訓としてとらえることができるはずです。

相続による車の名変

相続人に必要な相続人に必要な書類は除籍謄本改正原戸籍遺産分割協議首相本人の印鑑証明書3ヶ月以内車検の原本です市外なら印鑑証明しようです実印no.ナンバープレート乗ってくる車を出す車に乗ってくる税金の方で証明書を出してもらう時に遺産分割協議小脳州コピーが必要遺産分割協議秘書の必要

低燃費実現におけるエコタイヤの役割

低燃費が流行語大賞にノミネートされないのが不思議なくらい、世間では低燃費に対する関心が高まっています。 各メーカーとも世界最高の数字をたたき出すために日夜競争をしています。

そんな中で、実際に低燃費車を購入すると気づくことですが、期待通りの燃費を実現させ続けるためには、それなりのメンテナンスが求められ、しかも専用のものを使用する必要があります。 ごく身近な例ですと、オイル交換の時にも粘度が異なるものを使用する、タイヤを交換するときにはエコタイヤを使用するなどです。 エコタイヤが燃費の向上に役立つのでしょうか?

エコタイヤは転がり抵抗が低くなっているため、摩擦の抵抗が高いタイヤに比べると燃費が向上します。 実際の測定でも、転がり抵抗によって燃費が向上したというデータがありますが、その分だけ濡れた路面などでの安全性が気になるところです。

しかし、国産メーカーが販売しているエコタイヤは、さまざまな路面においても通常のタイヤに劣ることのない性能を発揮してくれます。 エコタイヤが低燃費を実現するためには、良いコンディションを維持しておかなければなりません。 毎月空気圧をチェックして、適性や空気圧によって走行することが大前提となります。 本当にエコを実現させるためには、日頃の努力が伴わなければならないわけです。

安全技術の中で一歩先を行く「アイサイト」

ここにきて衝突回避のための安全技術が各自動車メーカーから発表されています。 各社ともオリジナルの名前を付けて、他社との差別化を図っています。

現在のところ市場において高い知名度を獲得しているのが、スバルの「アイサイト」です。 アイサイトが他社のシステムと異なるのは、2つのCCDカメラによって周辺の様子を観察する点で、人の目と同じような感覚でとらえることができることです。

スバル車以外の安全装備では、いまのところレーザーや単眼のカメラを搭載したシステムになっています。 人の視覚により近づくことで的確な判断を下すことがスバルの目的です。 ただし、安全技術はぶつからないためだけのものではありません。

スバルのアイサイトでは、渋滞時の運転ストレスを緩和するために自動追従システムを取り入れています。 この技術によって、少し前の車が動くたびにアクセルを踏んですぐブレーキをかけるという作業をしなくて済みます。 オートクルーズ機能によって、割り込みをしてきた車も認識して追従することができ、便利であると共に安全面でも寄与します。

また、ギアやペダルの操作ミスによって起きる事故を防ぐ点でも活用できます。 さらには運転中のふらつきなどを感知して、居眠り運転に対して警告を与えてくれます。 アイサイトは運転者の強力なサポートをしてくれるので、アイサイトが搭載されているかどうかで車を選ぶユーザーが現れているほどです。

高級輸入車に対抗するための新兵器「スカイライン」

名前を聞くだけでいろいろな思い出がよみがえってくるという名車はそれほど多くはないでしょう。 しかし、その中にその名前を確実に残しているのが日産自動車の名車「スカイライン」です。 通称「ハコスカ」はいまでも街中でキレイにレストアされたものを見かけ、熱狂的なファンを集めていますし、新車でも、そして中古車でも人気となったR32のスカイラインも現役で走行しています。

その後、スカイラインは路線が変わっていき、GT-Rは面白いクルマでありながらも価格帯が超高級車の部類に入ってしまい、街中で見かける機会が少なくなってしまいました。

そんな中、今年に入って再びスカイラインの話題が飛び込んできました。 日産自動車は11月に入って、2014年2月に新型のスカイラインを販売開始すると発表したのです。 こんどのスカイラインは、ついに時代の流れに同調してガソリンとモーターで走るハイブリッド使用になっています。 さらに、スポーツカーでありながらもワンランク上の誇り高いクルマであるがゆえに内装や安全装置にもこだわりを見せています。

さらに、今回明らかになっている情報の中には、日産自動車が海外で販売している車に対して付しているエンブレムである「インフィニティ」を冠しているため、より高級感あふれる車になっているということです。 たしかに日本の一時代を築いた名車も、消費者ニーズとの狭間でこのような路線へと移ったと思われます。 国内市場では軽自動車とハイブリッドカーが新車販売台数の上位に名を連ねている一方で、高級輸入車の販売台数も伸びています。

そのような中で、新型スカイラインはエコカーブームによって目が慣れている消費者を取り込むと共に、クルマのランクとしては高級輸入車に十分対抗ができるような設定になっています。 価格帯が旧モデルと比べると100万円ほど値上がりしているのが気になるところですが、その分だけ高級車を好む層からどのように評価されるかは市場の判断によって明らかにされるところです。

実際のクルマを見ると受ける印象は、同じく日産自動車が販売している「フーガ」をほうふつさせるモデルになっていることです。 しかし、スカイラインという観点で旧モデルと比べるなら、より洗練されてスタイリッシュで、位置的には日本でも人気の輸入車であるメルセデスベンツやBMW、アウディを好んで購入した経験のある層に評価されるかもしれません。

しかしながら、昔のスカイラインのファン層を取り込むことができるかどうかは微妙なところでしょう。 インフィニティのエンブレムを採用する時点で路線の大幅な変更を宣言しているわけですから、熱狂的なスカイラインフリークの間では、スカイラインではないのかもしれません。

日本のハイブリッドカーにおける勝者「アクア」

日本のハイブリッドカーを巡る攻防は、日本国内で加熱しています。とくに最高の低燃費を巡っては、トヨタとホンダの一騎打ち状態になっています。 ホンダが市場に投入した通称「フィット3」に対して、トヨタは「プリウス」と「アクア」のツートップで強力に対抗しています。 市場の予想とは裏腹に、国内ではアクアが驚異的な販売台数を記録しており、継続的に売れ続けています。

ご近所でもアクアを購入した家庭があるのではないでしょうか。 そのようなユーザーが口をそろえて言うのが「忘れたころにガソリンを入れるだけでいい」というコメントです。 いまでは消費者の関心がエコに向いていることを如実に表している結果でしょう。

それにしても超低燃費だけでこれほど車が売れるのでしょうか。 アクアの場合は、コストパフォーマンスも魅力となっています。 どうしても200万円は見なければ買えないプリウスと違って、アクアはもう少しリーズナブルです。 さすがに燃費がいいと聞いていても初期費用が大きいと購入を躊躇してしまいます。 さらに洗練されたスタイルは、買い物だけに車を使う主婦であっても、軽自動車ではなくアクアに目を向ける理由となっています。

現在のところ10色の中から選ぶことができ、生活のすべてにおしゃれを反映させたい方にとっては心憎い演出となっています。 まずはその燃費と外観のスタイリッシュさに魅力を感じて試乗に行くと、そこには静寂さを保ったエンジンと、エコ運転をすることが楽しくなるコンテンツの魅力が待っています。

たとえば、エコジャッジと呼ばれるお楽しみコンテンツがあって、自分の運転が評価されます。 100点を取ることは非常に難しいので、いつも悔しい思いをしながらエコ運転を習得していくことができます。 なんとなく、この車に関しては車を選ぶというよりも、ケーキ屋さんでスイーツを選ぶような感覚で、自分の好みに合わせてチョイスすることができたという感覚を抱かせるところに、プリウスにはない魅力があるのだと思います。 今後も街中ではアクアが増え続けていくことは十分予想されます。

アイドリングストップ機能について

最近では信号待ちをしていて、青になる瞬間に隣の車のエンジンが始動する音を聞く機会があるでしょう。 この仕組みが「アイドリングストップ」です。 少し前までは、コンビニの駐車場の看板などには「駐車中のアイドリングをご遠慮ください」と書かれていました。 つまり、アイドリングをしているとその音が近隣住人の迷惑になると共に、地球環境の保全にもよくないのです。

しかし、消費者がこのアイドリングストップ機能が搭載された車を購入する際には、もう一つの要素、つまり燃費の向上を期待する心理が働きます。 通常、車は走行中だけでなく停車時にもエンジンを回転させ続けますので、渋滞によって停車しているときや、長い信号待ちでもガソリンを消費します。

ところが、アイドリングストップを採用している車は、停車時にはエンジンをストップさせますので、その間にガソリンを消費しなくて済みます。 それが優れた技術であることは、実際にアイドリングストップが搭載された車を運転してみるとよくわかります。 エンジンが温まると機能を開始して、減速していく過程において作動することもあれば、最終的には停止してブレーキを踏むと作動します。

次に発進するためにブレーキを離すと、メーカーにもよりますがわずか0.5秒前後でエンジンが始動します。 アイドリングストップの時も通常の機能、たとえばオーディオやパワーウィンドウは作動しますので、まったく不自由なことがありません。 夏の時期にエアコンをかけているなら、エンジンがストップするとエアコンの機能が低下します。 そのような時には「アイドリングストップOFF」ボタンを押すことによって、作動しない設定にしておくことができます。

アイドリングストップの仕組みを理解していない場合や、初めて体験する方にとっては、「もしも交差点などでエンジンが再始動しなかったらどうしよう」という不安があるかもしれません。 しかし、メーカー側もそのような面での対策はしっかりと視野に入れており、支援バッテリーを付けるなど万全の態勢を敷いています。 次に購入するのがアイドリングストップ機能搭載車種であれば、安心して使うことができます。