安倍ノミクスとアイフルなどの消費者金融

「アベノミクスで景気回復」というシナリオに向かって、政府が舵取りをし始めました。政府は過去に例を見ないほどの大胆な金融緩和をはじめ、“三本の矢”といわれる景気浮揚刺激策を打ち出しているわけですが、インフレを狙った経済対策というのは今後の展開が正直言ってわかりづらいものです。

経済学者の言うことは人さまざまで、この方針が是か非か私たち凡人には全くわからない状況なのです。 テレビのニュースレポートなどで、「景気がよくなってきた」という人と「変わらない・悪くなった」という人の割合を見ていると、なかなか景気は好転しているようには思えません。この経済対策は、まずは国の中央銀行からお金が流れていく仕組みですから、私たちのような庶民が景気好転を実感できるのには相当時間を要するような気がします。

それでも、過去20年間の景気が全くよくならなかったことを考えると、この“大実験”を止めるわけには行きません。 さて、私たち庶民はどうでしょう?個々20年間お景気低迷から給料が少なくなりすぎて、思うような生活が送れなくなっているのが現状です。給料が下がり続ければ不必要なものをカットして節約していくのが庶民ですが、最低限の水道光熱費や住居費、教育費、そして食費などの生活費はこれ以上削れませんよね。こうなるといったい何を削ればよいのかと、頭を抱える人が多いのではないでしょうか。

ここで外部から資金を調達するという方法も考えられるのではないでしょうか。 消費者金融は1980年代にそのビジネスのピークを迎え、その反動のためか社会問題を引き起こすようなこともありましたが、景気の底状態の今日では、多くの人にそうした金融会社が必要となってきています。「お金のことなら銀行で」と思う方もいるかと思いますが、いろいろな事情があり、そう簡単にはお金を引き出すことが出来ません。

一般的な庶民が困ったときには、アイフルのような消費者金融こそが本当の意味で一番身近なサポート役といえるのかもしれません。

3代目ヴォクシーは消費税アップの恩恵を受けるか

街中では高級車であるにもかかわらずアルファードやヴェルファイアをよく見かけます。 新築の住宅にアルファードが停まっていると、思わず「ローンが大変なんだろうな」と感じてしまいます。 実際のところ、トヨタの高級ミニバンは無理してでも手に入れたいと思わせる魅力を持っています。

しかし、もう少し現実的な見方をすれば同じトヨタ自動車が販売しているノアやヴォクシーも優れたパフォーマンスを発揮してくれます。 とくに2014年初めにはヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジが予想されていますので、今後のミニバン市場の動向が気になるところです。

現行のヴォクシー・ノアは、ライバル車であるホンダのステップワゴンや日産のセレナと共に、日本の市場では高く評価されており、両モデルで多い時は月間売上2万台を突破したこともありました。 しかしながら、ユーザーの中にはさらに上位モデルへの関心を高めて乗り換える人もいて、最近では決して油断できない状況にあります。

そんな中で発表される3代目ですが、印象としてはフロントマスクに強い印象を与えるデザインで、上位モデルのアルファードを検討しているユーザーも思わず視野に入れてしまうようなデザインとなっています。 その時期には消費税増税に伴う車の買い替えを検討する消費者も多く、どのミニバンが支持されるのか注目に値します。

車の購入はお早めに

車を購入する際には、車両本体価格に目が行き、それを目安にして予算と照らし合わせることになります。 しかし、実際にディーラーへ相談しに行くと、魅力的はオプションなどに目がいってしまい、ついつい追加してしまうかもしれません。

ところが、必要なお金はそれにとどまらず、税金や諸費用が発生します。 税金という言葉を聞くと、いま消費者の関心を集めているのが消費税の増税です。 生活のあらゆる面に影響を与えるわけですが、自動車の購入にも当てはまるのでしょうか。 たしかに影響を与えます。 自動車購入時にも消費税がかかるからです。

法案では2014年4月から消費税率が3パーセント上がって8パーセントになるので、3月中に新車を購入すれば、いわゆる「駆け込み」でセーフと思うかもしれません。 ところが、駆け込み需要というものが発生して、3月中に商談をして契約を済ませても、登録か納車が4月以降になってしまうと消費税率が上がった状態での請求となります。

それで、ぎりぎりのタイミングでの新車購入を考えている方は、あらかじめディーラーに納車日を確認するべきでしょう。 金額が大きければ大きいほど消費税アップを体感することになります。 車の購入や家の購入はまさにその典型的な例です。 先を見据えたうえで、少しでも賢い消費活動を行なっていきましょう。

高くなったガソリンに対してどう対応する?

世界経済や世界情勢にはあまり関心がなくても、生活に必要な物資が高騰することによってわたしたちには大きな影響を与えかねないのが現状です。 もちろんわたしたちの手では何一つ変えられないわけで、現状に甘んじるしかないのですが、それにしてもガソリン代が高くなったと感じている人が多いのではないでしょうか。

以前は主婦がお茶を飲みに行くときにも、だれが車を出すかということで揉めることはありませんでしたが、ガソリン代が高くなった今、だれも車を出したいとおもわないのは皮肉な話です。 たしかにガソリンが1リットル80円台の頃を知っている現在のユーザーにとっては、160円台になっているガソリンというのは高価なものに感じるのです。

ところで、なぜガソリンが高騰するのでしょうか? それには複数の要素が関係してきますが、基本的にはモノの値段というのは需要と供給のバランスによって決定されます。 それ以外にも、ガソリンの場合は産油国の経済事情や政情、そして原油生産に対する方針によって大きな影響を受けます。 少し前までは新興国の原油需要によって取引価格が高騰するという、市場の原理が働いていましたが、最近ではアフリカ有数の産油国でもあり、地理的にもスエズ運河などを有しているために重要な役割を果たしているエジプトの政情不安が影響していると言われています。

そのほかにも為替の影響も受けますし、そもそもガソリンに対してはかなりの税金がかかっています。 ガソリン代が高いからといってガソリンを販売している出光やエネオスが儲けているというわけではないのです。 価格変動に伴って末端価格も変わるため、ガソリンスタンドの表示価格は日替わりになっているわけです。

そのような中で、環境に対する配慮も重なって燃費のいい車へと世の中がシフトしています。 燃費が良くなれば、ガソリン価格の高騰の影響を少しは免れることができます。 それでも、ガソリンを燃料にしている車を使用している限りは今後もガソリン価格の影響を受けながら生活することに変わりはありません。 さらに、原油産出国ではない日本にとって、海外から輸入する燃料に頼っている限りは、国際関係の影響を受けることになります。

だからといって、秋田付近で埋蔵が確認されているシェールガスによって日本のエネルギーが賄われるかというと、不足分が大きいため結局はシェールガスで走る車を開発したところで同じことかもしれません。 そうなると、やはり電気自動車ということになるのですが、まだまだ市場で一般化するには時間がかかりそうです。 ところで、面白いクルマを目指すモノづくりはもう行われないのでしょうか。

再びコペンが街に現れる

1980年代の後半から1990年代の前半は、本当に面白いと言えるクルマが街を席巻していた時期でした。 バブルの象徴であった日産の初代シーマが大きくお尻を下げて加速する姿や、違法改造すれすれのスポーツカーなど、街に繰り出すだけでワクワクしたものです。

そんな中でひそかにバトルを繰り広げていたのがダイハツの「コペン」とホンダの「ビート」です。 とにかくその衝撃的なコンセプトに度肝を抜かれて、セカンドカーとして購入したお父さんたちも続出して、街には真冬にもかかわらずフルオープンで走る姿が見られました。 そんなFRツーシーターオープンカーの軽自動車も次々と姿を消していき、2012年の秋にはコペンの販売終了をもって一つの時代に幕が下ろされる形となりました。

しかしながら、わたしたちにとって明るい話題を提供してくれるのが東京モーターショーです。 今年の東京モーターショーでは、市販を念頭に置いたコペンの後継者が発表される見通しとなっています。 次期コペンに関して現時点で明らかになっている情報としては、エンジンは2気筒ではなくムーブなどにも採用されている3気筒を搭載するようです。

しかし、コペンの売りだった手軽にオープン走行を楽しむことができるという点は引き継がれ、電動ハードトップが採用される予定です。 今回ダイハツがコペン復活を意図したのはどのような狙いによるのでしょうか。 「クルマ好きを増やすため、低燃費だけでなく走りが良い車も重要」という、なんとも涙が出てくるようなダイハツの社長のコメントが発表されました。これがすべてです。

バブル期の面白いクルマを知っている世代にとっては、やはりクルマは楽しむものという感覚が強いので大歓迎でしょう。 本当のクルマを知らない若い世代にとっては、クルマ離れが進んでいるという現象の打開に効果をもたらすことができるのでしょうか。 このような展開になってくると黙っていないのがホンダ自動車です。 ホンダもビートの後継車と位置づけられる軽スポーツカーを市場に投入する予定です。 再び街に軽オープンカーが見られる日は近いので、楽しみに待っていることにしましょう。

曖昧だった立ち位置が明確になったマジェスタの今後は?

もしかしたら、「マジェスタって意味があるの?」と思われた方も少なくないかもしれません。 今年の9月9日に発売開始を迎えた新型マジェスタを見て、「これはクラウンにちょっと手を加えただけではないか」という感想を持ったのではないでしょうか。

たしかにクラウンの場合もそうでしたが、独特の存在感を演出するグリルが特徴的で高評価の対象となりますが、それでもやはり「クラウンがあれだけ変革を遂げたいま、マジェスタの存在意義があるのだろうか」、「あえてマジェスタを販売したトヨタの戦略がよくわからない」という意見もありました。

気になるのは市場の反応ですが、トヨタ自動車の発表によると新型マジェスタの販売開始から1カ月の売り上げ台数は好調で、約2,800台となった模様です。ちなみに、トヨタ自動車自身の月間販売目標台数が500台ですから、かなり好調な滑り出しということができます。

市場は新型マジェスタを温かい目で見ているということでしょうか。 今回の売り上げアップにつながった要因はまだ発表させていませんが、ハイブリッドシステムの搭載というのは理由として挙げるには単純すぎるでしょう。 大胆にその理由を予想してみるならば、きっとクラウンの王冠エンブレムの復活にあるのではないかと思います。 そしてその背後には、マジェスタの立ち位置が定まったということが市場に、というよりも以前のマジェスタオーナーに評価されたのではないかと思うのです。

新規顧客もあるでしょうけれど、今回の新型マジェスタを購入した人の中には、以前にマジェスタを購入したことがあって、他の車種に乗り換えたものの再び元のサヤに収まったという人たちが多いのではないかと踏んでいます。

実際、3代目マジェスタまでは王冠エンブレムを冠していたのに、その後の4代目、5代目では瞑想していった感じのあるこのクルマ、自らの立ち位置を見失っていたのでした。 この点はトヨタ関係者も認めています。 「位置付けがすごく曖昧になってしまった」というコメントを残しています。 それがここにきて再び王冠復活で「立ち位置が明確になった」わけです。 火が付けば初代のようなブームを巻き起こすことも夢ではありません。

アルトエコが伸び悩んだ理由

燃費ナンバーワン合戦が繰り広げられることは、消費者にとってはうれしいことかもしれませんが、少し残念なのは「ガソリン車では燃費ナンバーワン」とか、「燃費世界ナンバーワン」という宣伝文句で購入を決意したクルマも、数カ月後にはナンバーツーになってしまうことです。

スズキが販売した「アルトエコ」は、ガソリン車の中では燃費が一番よいということで話題になりましたが、ライバル車であるミライースのマイナーチェンジによってあっさりと抜かれてしまいました。 とはいっても僅差なのですが、とにかく日本人はナンバーワンということにこだわるのかもしれません。

しかし、ミライースがアルトエコに燃費の点で劣っていた時期にも、両者の販売台数を比べてみるとミライースに軍配が上がっています。 なぜアルトエコはあまり売れなかったのでしょうか?

もちろんそこに明確な理由が存在しない場合もありますが、明暗を分けた理由としては、ミライースがミラとは一線を画したデザインのクルマとして誕生した一方で、アルトエコはあくまでもアルトの派生モデルといった感じで、燃費以外の話題性がなかったこと、そして低価格を売りにしたミライースの下位グレードに対して、アルトエコのそれは10万円も高かったことが原因かもしれません。 とくに低燃費を好むユーザーのコストパフォーマンスに対する評価は厳しいため、今後も苦戦が強いられることになるでしょう。

日本のハイブリッドカーにおける勝者「トヨタ・アクア」

日本のハイブリッドカーを巡る攻防は、日本国内で加熱しています。とくに最高の低燃費を巡っては、トヨタとホンダの一騎打ち状態になっています。 ホンダが市場に投入した通称「フィット3」に対して、トヨタは「プリウス」と「アクア」のツートップで強力に対抗しています。 市場の予想とは裏腹に、国内ではアクアが驚異的な販売台数を記録しており、継続的に売れ続けています。

ご近所でもアクアを購入した家庭があるのではないでしょうか。 そのようなユーザーが口をそろえて言うのが「忘れたころにガソリンを入れるだけでいい」というコメントです。 いまでは消費者の関心がエコに向いていることを如実に表している結果でしょう。

それにしても超低燃費だけでこれほど車が売れるのでしょうか。 アクアの場合は、コストパフォーマンスも魅力となっています。 どうしても200万円は見なければ買えないプリウスと違って、アクアはもう少しリーズナブルです。 さすがに燃費がいいと聞いていても初期費用が大きいと購入を躊躇してしまいます。 さらに洗練されたスタイルは、買い物だけに車を使う主婦であっても、軽自動車ではなくアクアに目を向ける理由となっています。

現在のところ10色の中から選ぶことができ、生活のすべてにおしゃれを反映させたい方にとっては心憎い演出となっています。 まずはその燃費と外観のスタイリッシュさに魅力を感じて試乗に行くと、そこには静寂さを保ったエンジンと、エコ運転をすることが楽しくなるコンテンツの魅力が待っています。

たとえば、エコジャッジと呼ばれるお楽しみコンテンツがあって、自分の運転が評価されます。 100点を取ることは非常に難しいので、いつも悔しい思いをしながらエコ運転を習得していくことができます。 なんとなく、この車に関しては車を選ぶというよりも、ケーキ屋さんでスイーツを選ぶような感覚で、自分の好みに合わせてチョイスすることができたという感覚を抱かせるところに、プリウスにはない魅力があるのだと思います。 今後も街中ではアクアが増え続けていくことは十分予想されます。

ここにきてトヨタのスープラが復活の兆し

走り屋やゼロヨンなどの全盛期であった80年代から90年代にかけては、好奇心を満たすだけの車が世の中に送り出されていました。

もちろん一般の行動での違法行為は容認されるべきではなく、取締りの効果もあって現在では一般の生活が大いに乱されることはなくなっています。

さらには、若者の車離れが進んでいる中にあって、さらに進んでいるのがスポーツカー離れです。

もちろん、「乗り回してみたいな」と思うような刺激的な車が登場しないということもあります。

売れないから登場しないのか、登場しないからどんどんユーザーが獲得できないのか、その両方の要素も関係しているかもしれませんが、それ以外にも法律の規制や社会が向ける目なども影響して、今後も再びスポーツカーブームが巻き起こる可能性は少ないと言わざるを得ません。

80年代の後半にはセリカから独立したスープラに関心が集まっていました。

初代のスープラは、いわゆるセリカの兄弟車という位置付けでしたが、1993年のフルモデルチェンジによって、高級感の漂うスポーツカーへと変化を遂げました。

大きなヘッドライトと、けっして控えめとは言えない大型リアウイングによって、一目でスープラとわかる斬新なデザインを採用し、走行性能を徹底的に追求したスポーツカーとしては、トヨタをスポーツカーの分野でも際立たせるために大きな貢献をしました。

しかしながら、当時のトヨタにとって大きな壁となって立ちはだかっていたのがニッサンのGT-Rです。

価格帯でいけばGT-Rはワンランク上の車という位置付けになりますが、それでも日本車の中で最速を希望する人たちは迷わずにGT-Rへと走りました。

トヨタはスポーツカーの分野では際立った存在になることができませんでしたが、クラウンで培った技術などをベースに、高級セダンの乗り心地に素晴らしい走行性能を兼ね備えたアリストなどを世の中に送り出すことによって成功しました。

いまではトヨタのスープラは過去の歴史に名を残す車という位置付けになっていますが、ここにきてスープラの後継車が誕生するという話題が出ています。

しかも大胆なことにその名も「スープラ」となるといううわさが出ており、最新の情報からは目が離せません。

3代目トヨタ・ヴォクシーは消費税アップの恩恵を受けるか

街中では高級車であるにもかかわらずアルファードやヴェルファイアをよく見かけます。 新築の住宅にアルファードが停まっていると、思わず「ローンが大変なんだろうな」と感じてしまいます。 実際のところ、トヨタの高級ミニバンは無理してでも手に入れたいと思わせる魅力を持っています。

しかし、もう少し現実的な見方をすれば同じトヨタ自動車が販売しているノアやヴォクシーも優れたパフォーマンスを発揮してくれます。 とくに2014年初めにはヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジが予想されていますので、今後のミニバン市場の動向が気になるところです。

現行のヴォクシー・ノアは、ライバル車であるホンダのステップワゴンや日産のセレナと共に、日本の市場では高く評価されており、両モデルで多い時は月間売上2万台を突破したこともありました。 しかしながら、ユーザーの中にはさらに上位モデルへの関心を高めて乗り換える人もいて、最近では決して油断できない状況にあります。

そんな中で発表される3代目ですが、印象としてはフロントマスクに強い印象を与えるデザインで、上位モデルのアルファードを検討しているユーザーも思わず視野に入れてしまうようなデザインとなっています。 その時期には消費税増税に伴う車の買い替えを検討する消費者も多く、どのミニバンが支持されるのか注目に値します。