日本のハイブリッドカーにおける勝者「トヨタ・アクア」

日本のハイブリッドカーを巡る攻防は、日本国内で加熱しています。とくに最高の低燃費を巡っては、トヨタとホンダの一騎打ち状態になっています。 ホンダが市場に投入した通称「フィット3」に対して、トヨタは「プリウス」と「アクア」のツートップで強力に対抗しています。 市場の予想とは裏腹に、国内ではアクアが驚異的な販売台数を記録しており、継続的に売れ続けています。

ご近所でもアクアを購入した家庭があるのではないでしょうか。 そのようなユーザーが口をそろえて言うのが「忘れたころにガソリンを入れるだけでいい」というコメントです。 いまでは消費者の関心がエコに向いていることを如実に表している結果でしょう。

それにしても超低燃費だけでこれほど車が売れるのでしょうか。 アクアの場合は、コストパフォーマンスも魅力となっています。 どうしても200万円は見なければ買えないプリウスと違って、アクアはもう少しリーズナブルです。 さすがに燃費がいいと聞いていても初期費用が大きいと購入を躊躇してしまいます。 さらに洗練されたスタイルは、買い物だけに車を使う主婦であっても、軽自動車ではなくアクアに目を向ける理由となっています。

現在のところ10色の中から選ぶことができ、生活のすべてにおしゃれを反映させたい方にとっては心憎い演出となっています。 まずはその燃費と外観のスタイリッシュさに魅力を感じて試乗に行くと、そこには静寂さを保ったエンジンと、エコ運転をすることが楽しくなるコンテンツの魅力が待っています。

たとえば、エコジャッジと呼ばれるお楽しみコンテンツがあって、自分の運転が評価されます。 100点を取ることは非常に難しいので、いつも悔しい思いをしながらエコ運転を習得していくことができます。 なんとなく、この車に関しては車を選ぶというよりも、ケーキ屋さんでスイーツを選ぶような感覚で、自分の好みに合わせてチョイスすることができたという感覚を抱かせるところに、プリウスにはない魅力があるのだと思います。 今後も街中ではアクアが増え続けていくことは十分予想されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする